• 赤堤コミュニティサッカークラブの試合結果を記録します。
  • 書き込みには管理パスワードが必要です。
  • 公式戦、練習試合にかかわらず、入力して下さい!
■ 全文検索 ■
検索文字列 検索文字をSPACEで区切って入力。
[ Home ]
( 1-50 / 全147件 )
[ 管理者 ]
日付赤堤(学年)勝敗スコア相手チーム場所備考
2018/9/241年   船橋小学校9月24日(月) 秋季あすなろ大会 1回戦

【参加選手】 ひとみ、りゅうせい、そう、りゅう、えいさく、ゆうと(せき)、そうすけ、まさのぶ、そういちろう、これかず

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-2 松丘(前半0-2、後半0-0)

【寸評】
・この日は前日と打って変わってみんなのがんばりが素晴らしかった。序盤2点を先制されたが、その後は最後まで諦めない粘り強い守備を見せてくれた。失点以外にフリーのシュートは打たれていないと思う。キーパーのえいさくとりゅうせいもよくがんばった。相手に1人ドリブルの上手な子がいて自陣での戦いが多かったが、攻め込む場面も沢山あってそういちろうなど何本かシュートも打つことが出来た。
・まさのぶは何度かドリブルで長い距離を攻め上がって快速ぶりを見せてくれた。後半交代でベンチに下がった時は大汗を流していて、走り切ったことが伝わってきた。ひとみは高い位置からしつこいプレスでボールを奪っては度々チャンスに繋げた。そうは前線までボールを運んだり、ゴール前でシュートを防いだり、ボールがあるところにそうがいるという感じのがんばりだった。
・負けても充実感があったのか、次の試合が待ち遠しい様子だった。この試合でみんながサッカーが好きなことがよく伝わった。試合の準備をテキパキするところや挨拶をしっかり出来るところは訓練された強いチームと変わらない。これからもみんなで楽しく励んでもっとサッカーを好きになって欲しいと思う。
(石井)
2018/9/234年   砧公園9月23日(日) U10 竹の子

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお、しゅんたろう、はるたろう

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 2-2 竹の子(前半0-2、後半2-0 得点:しゅうや←れお、おうすけ←しゅうや)
フレンドリー 赤堤 0-5 竹の子(前半0-3、後半0-2)
フレンドリー(15分1本) 赤堤 1-4 竹の子(得点:おうすけ←れお)

【寸評】
・序盤から相手を掴まえきれず防戦一方。キーパーに入ったたろうの好セーブで前半2失点で凌いだ。後半はボールを前に進めることが出来るようになり同点に追い付いた。得点は何れも相手を完全に崩してフリーでシュートしたもの。得点に絡んだ3人はいい動きをしていた。
・フレンドリーを通して守備では反省が多いが、ボールを持った時の展開は意図が感じられた。自陣でプレッシャーを受けても安易なプレーを選択する選手はおらず、丁寧に繋いで前に展開しようとしていた。
(石井)
2018/9/231年   用賀小学校9月23日(日) 秋季学年別大会 1回戦

【参加選手】 ひとみ、りゅうせい、そう、りゅう、えいさく、ゆうと(せき)、そうすけ、まさのぶ、たつき、そういちろう

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-13 深沢(前半0-6、後半0-7)

【寸評】
・2年生大会に参加した1年生を欠く中で迎えた記念すべき1年生公式戦初戦。初めて見る8人制のフィールドの大きさにびっくりしていた。試合ではボールを持った相手に中々寄せて行けず一方的になってしまった。
・それでも後半は最後まで相手を追いかけてシュートを防いだり、積極的にボールを追うシーンが見られた。キーパーに手を上げてくれたゆうととそういちろうには拍手。何度もいいセーブを見せてくれた。
(石井)
2018/9/226   二子緑地U12 @二子緑地グランド(後期6,7戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔仁、光太、悠生、翔太郎 5年 けんご、れん、しん

■試合結果  赤堤 0-4 尾山台
   赤堤 0-1 砧南 

■試合概要
<1試合目>
前半12分、センターサークル手前で相手にボールが渡り、寄せが遅れたことでミドルシュートを
打たれ、ゴール左上に決まり失点
その直後も攻め込まれるが全員で守りきり、失点1で折り返し。
後半2分、相手ポストプレーで、ディフェンス2名が寄せるが間を抜かれ、GKと1対1となり失点。
後半3分、自陣ペナルティエリアの浮き球を相手と競ったが抜かれて、そのままドリブルで持ち込まれ失点
後半10分、ゴール前の混戦の中、押し込まれて失点。
 CBからの攻撃参加でのチャンスメイクなどいいプレーもあったが、全体的に中盤や前線で奪ったボールを繋げることができず、攻撃ができなかった。

<2試合目>
前半7分、自陣ペナルティエリア内でハンドを取られPK。GKも反応するが届かず失点。
 後半に入り、サイドからの攻撃やコーナーキックからのセットプレーなど何度かチャンスがあったが、得点することができなかった。

■コーチからのアドバイス
・最後のシュートまでつながらないのは、動きながらのトラップやパスなど、基礎スキルが足りないことが根本的な原因。練習の意識を変えて、練習の時からもっと激しくプレーしてスキルアップしていこう。
・ボールを持っていないときの動き。これが出来ていないため、味方がボールをもってもパスコースも作れないし、ドリブルのスペースも作れない。どうしようもなく、とりあえず前に蹴るという状況になっている。ボールを持っていないときに周りがもっと動かないと、ボールを運べない。ボールを持っていないときの運動量をもっと増やしていこう。

以上
2018/9/172年   千歳台小学校9月17日(月) 秋季学年別大会 1回戦、2回戦

【参加選手】 たくみ、やまと、はると、たいせい、えにし(以上2年)、ようすけ、あきひろ、ゆうと、たくま、だいき、りょう(以上1年)

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 
1回戦 赤堤 4-0 テキサス(前半3-0 得点:たくみ×3、後半1-0 得点:たくみ)
2回戦 赤堤 0-13 バディA(前半0-6、後半0-7)

【寸評】
・1回戦、積極性と寄せの速さで相手に勝りほぼ相手陣内で試合を進めた。得点は全てたくみの個人技によるものだが、前半はたくみの攻め上がりに合わせてようすけ、ゆうとが度々ゴール前に侵入し、ようすけがたくみのセンタリングに合わせる場面もあった。後半はたいせい、だいきがドリブルでゴール前に持ち込み、もう少しでゴールというところまで迫った。皆が前掛かりになる中、やまとが後方でバランスを保ちピンチの芽を摘んだ。
・2回戦の相手はバディ。スピード、技術で圧倒されたが、その中でも2年生はみな果敢に相手に挑んでいた。たくみはボールを奪っては仕掛けて1人2人と相手をかわすが、自陣からなのでゴールは遠かった。ゆうとは劣勢の中でも積極性を失わず、攻撃に転じた時の動き出しが素晴らしかった。常にたくみのゴールキック、スローインのターゲットになっていて、唯一可能性を感じさせてくれた。キーパーに入ったあきひろは1対1になった時の飛び出しやキャッチした後の素早いフィードなど、非凡なプレーを見せた。至近距離からの強烈なシュートを右脚を伸ばしてスーパーセーブ、涼しい顔をしていた。相手は後半も攻撃の手を緩めず、ただ走らされている感じになったが、それでも下を向くことなく最後までよく走り切ったのではないかと思う。
・個性豊かな2年生と1年生の面々。これから試合を重ねてチームになった時が楽しみと思わせるがんばりだったと思う。
(石井)
2018/9/163  京西祖師谷小3年・秋期学年別 対京西

【試合結果】 赤堤 1-5 京西

【寸評】
前半は1-2と良い試合をしていたが後半立ち上がりの失点で相手を流れに乗せてしまい最終的には1-5で試合終了。
技術面で大きな差はなく、立ち上がりの入り方や1試合通しての集中力などの試合経験の差が結果として表れたように感じた。

以上
2018/9/176  二子玉川二子緑地U12 @二子緑地グランド(後期5戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔仁、光太、悠生、温智、翔太郎 5年 たくま、じゅんぺい

■試合結果  赤堤 0-2 二子玉川 

■試合概要
前半2分、GKから左サイドに抜けたボールを、温智が追いつきセンタリング。逆サイドに走りこむが合わせることができず。
前半7分、自陣右サイドに持ち込まれたが、しっかりと寄せていき防いだと思った矢先、エリア外を横ドリブルされ、ディフェンスが寄ったときにゴール正面にボールを落とされ、走りこんできた相手にミドルシュートを打たれ失点。
後半3分、センター付近でCB翔太郎がボールをインターセプト、そのままドリブルでペナルティエリア手前まで進み、ミドルシュート。惜しくもポストにあたり得点ならず。
後半15分、左サイドに運ばれ残り時間がないということでゴール前でボールを奪いに行くも、かわされそのままエリア内に侵入される。もう一人ディフェンスが抜かれ、キーパーが前に詰めた瞬間にマイナスパスされ失点。そのまま試合終了。

■コーチからのアドバイス
・中盤でのプレスをかけ続けること。
・ボールが出てから動くのではなく、受け手が要求して動きながらもらう。
・シュートは打たないと入らない。もっとシュートを打とう。エリア付近では常にシュートを狙う意識で、ボールをどこにおけばいいのかを考えよう。
・セカンドボールへの寄せが遅い。もしくは、ボールウォッチャーになって寄せれていない。
 セカンドボールをモノにできないと厳しい。セカンドボールへの寄せを早くしよう。

以上
2018/9/166  北沢二子緑地U12 @二子緑地グランド(後期4戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔仁、光太、悠生、温智 5年 たくま、じゅんぺい、しん

■試合結果  赤堤 0-1 北沢 

■試合概要
前半3分、左サイドからセンタリングをあげられ、相手選手が合わせたがキーパー洸太朗が横っ飛びで手に
あてセーブ。ただ、セーブしたボールがポストにあたり再び相手選手の足元に行ってしまい、押し込まれて失点
前半6分 センター付近で翔仁がボールを奪ったあと、逆サイドを上がってきた温智にパス。シュートするも惜しくも枠に行かず。
後半3分 自陣近くで得た直接フリーキックからのロングキックをTOPのハルキが横に長し、上がってきた温智に通るがシュートまでいけず。
後半5分 中盤の攻防から出たボールにTOPハルキが反応し、エリア外からシュート。ヒットしたが惜しくもゴールポストに当たり得点ならず。
後半10分 CB光太を右サイドにチェンジ。何度かチャンスがあったが、相手ボランチに最後のところで阻まれゴールネットを揺らすことができなかった。

■コーチからのアドバイス
・合宿から言っている、次の次で受ける意識をもってプレーしよう。
・逆サイドへの呼ぶ声でパスが通り、チャンスが生まれた。続けていこう。
・シュートを打たないと点は取れない。もっとシュートを打とう。
 そのためには、ファーストタッチで自分のシュートを打てるところにボールをもっていくなど
 すべてのプレーをシュートを打つためにどうするのかを考える。
・セカンドボールが拾えていない。それが勝敗の分かれ目だったと思う。
 ヘディングやトラップした後のボールへの1歩が遅い。ある程度の予測をして、反応を早くする。しっかり体をいれて相手と競る。

以上
2018/9/92年   北沢中学校9月9日(日) S-East U8 北沢

【参加選手】 たくみ、やまと、はると、たいせい(以上2年)、こたろう、ようすけ、ゆうと、たくま、だいき、あきひろ、りょう(以上1年)

【試合形式】 7人制15分ハーフ

【試合結果】 赤堤 3-1 北沢(前半0-1、後半3-0 得点:たくみ×3)
フレンドリー 赤堤 5-0 北沢(前半1-0 得点:たくみ、後半4-0 得点:たくみ×4)
フレンドリー15分1本 赤堤 0-3 北沢

【寸評】
・前半素早い寄せで優勢に試合を進めたがゴールに押し込むまでは至らなかった。終了間際、前掛かりのところ、ロングボールに虚をつかれた形で先制を許した。後半はたくみがキーパーからフィールドにポジションを変え3得点、逆転勝利した。
・相手の当たりは強かったが、1年生も怯まず挑んで、ゴールに迫っていた。U8初戦の頃から比べると成長を感じる。たくまはボールを持つと積極的にフェイントで仕掛けていた。
・フレンドリーではキーパーやまとが安定したキャッチングや正確で素早いフィードを披露してくれた。
(石井)
2018/9/14年   烏山小学校9月1日(土) U10 対祖師谷、烏山

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお(以上4年)、たくみ(2年)

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】
赤堤 5-1 祖師谷(前半3-1 得点:なおや、れお、たくみ、後半2-0 得点:れお×2)
赤堤 2-1 烏山(前半0-1、後半2-0 得点:たくみ×2)

【寸評】
・U10後期開幕戦の相手は祖師谷。試合の入りが良く、声もよく出ていた。開始早々のなおやの得点で流れがよくなった。たくみの突破で度々チャンスを作った。ゆうが惜しいシュートを放った。
・烏山戦も一人一人がよく闘えていた。やや押し気味だったが前半終了間際に失点。しかし後半も意欲は衰えず、終了間際、抜け出したゆうごからのラストパスを受けたたくみがゴールに流し込み決勝点をあげた。
・れおが怪我から復帰、たくみがチームにフィットしてきたこともあり、U10前期後半の戦いからは別人のような出来。強い相手にもこれが続けられるか、次戦に真価が問われる。
(石井)
2018/9/16年  用賀二子緑地U12 @二子緑地グランド(後期3戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔太郎、翔仁、光太、温智 5年 たくま、じゅんぺい、けんご

■試合結果  赤堤 0-3 用賀 

■試合概要
前半、終始自陣でのプレーであったが集中を切らせることなく守りきり0-0で折り返し。
後半2分 ゴール近くからの相手スローイン、左サイドを攻められ、あげられたセンタリングが味方足にあたりオウンゴール。
後半4分 パスミスで相手に渡ったボールをミドルシュート。GK前でイレギュラーして失点。
TOP翔太郎とCB光太をチェンジしたあと、光太に落としたボールをCBからあがってきた翔太郎との連携で惜しいチャンスが数度あったがゴールすることができなかった。

■コーチからのアドバイス
・TOPに落として、後ろに戻ってきたときの対応の準備ができていないため慌てて蹴ってしまい、相手にボールが渡ってしまっている。逆サイドにふるとか、次の次を考えておくこと。
・味方にボールが渡ってから、周りの動き出しが遅い。オーバーラップなど、連続した動きをしていく。
・ボールを失った後のプレーを早くする。早く相手に体を寄せディフェンスする。
・キョロキョロ周りをみて、情報をたくさん入れて、次のプレー、次の次のプレーの選択を増やす。

以上
2018/8/41年   塚戸小学校8月4日(土) 練習試合 塚戸

【参加選手】 こたろう、ようすけ、りょう、りゅう、たくま、りゅうせい、だいき、せきゆうと、そう、ゆうと

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】
1試合目 赤堤 7-0 塚戸(前半4-0 得点:こたろう、たくま×2、りゅうせい、後半3-0 得点:たくま、ゆうと、りゅうせい)
2試合目 赤堤 8-0 塚戸(前半4-0 得点:ようすけ×4、後半4-0 得点:オウンゴール、こたろう、ようすけ、ゆうと)

【寸評】
・1試合目前半は完全に団子で1年生らしいサッカーをしていたが、ゆうとが後半フィールドに入ると徐々にボールが動くようになった。2試合目になると、抜け出した味方のサポートに2人が並走したり、サイドからのパスに合わせてシュートを放ったり、味方と協力した攻めで得点以上に沢山のチャンスを作るようになった。
・5人の得点者はみな、相手との競り合いに勝つと、力強いドリブルでシュートまで繋げていた。得点はならなかったが、だいきが度々惜しいシュートを放った。りゅうが突破して長い距離をゴールまで迫った。
・ピンチは多くはなかったが、抜け出された場面でもよく追い付いていた。2試合目後半はシュートを許したが、キーパーたくまが上手く対応した。ゴールキックも上手く相手の居ないところに蹴れていた。
(石井)
2018/8/44年   赤堤小学校8月4日(土) U10 テキサス

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-6 テキサス
フレンドリー 赤堤 2-3 テキサス(得点:れお、たくみ)

【寸評】
・開幕4連勝の後5連敗でU10前期の日程を終了した。
・いい時は安定した守備から速攻でゴールに迫れていたが、後半はボールが奪えず奪っても動きが乏しく攻撃の形は作れなかった。決して弱い相手に勝って強い相手に負けたというのではないのがもどかしい。後期は積極的な動きを期待したい。
(石井)
2018/7/294年   赤堤小学校7月29日(日) U10 城山

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお、はるたろう、けいご(3年生)、たくみ(2年生)

【試合形式】 8人制20分ハーフ(フレンドリーは15分1本)

【試合結果】 赤堤 1-4 城山(前半0-2、後半1-2 得点:たくみ)
フレンドリー 赤堤 1-3 城山(得点:たくみ)

【寸評】
・相手のプレッシャーはそれ程でもないと思ったが、なかなかボールを前に運べなかった。
・そんな中、たくみが一人気を吐いた。ゴールに向かう姿勢に、周りは何か感じ取ってくれただろうか。
(石井)
2018/7/161年   世田谷小学校7月16日(月) 練習試合 世田谷

【参加選手】 こたろう、ようすけ、りょう、りゅう、あきひろ、そういちろう、えいさく、だいき、りょうたろう、せきゆうと、たつき、そう

【試合形式】 5人制7分ハーフ

【試合結果】
1試合目 赤堤 1-0 世田谷(前半1-0 得点:ようすけ、後半0-0)
2試合目 赤堤 0-0 世田谷(前半0-0、後半0-0)

【寸評】
・相手の圧力は強かったが、抜かれたらピンチとなる場面で一人一人が頑張っていた。こたろうのスーパーセーブもあって無失点に抑えることができた。
・ミニゲーム2試合でやり足りないのか、試合後の空いた時間に相手チームとボールを追っかけていた。
(石井)
2018/7/164年   世田谷小学校7月16日(月) 練習試合 世田谷

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、こうた、はるたろう、やすひさ

【試合形式】 5人制7分ハーフ

【試合結果】
1試合目 赤堤 2-7 世田谷(前半2-3 得点:なおや、しゅうや、後半0-4)
2試合目 赤堤 1-2 世田谷(前半1-1 得点:しゅうや、後半0-1)

【寸評】
・まだまだ調子は上向かない。
・どうやったらまた動き出すだろうか。
(石井)
2018/7/151年   松原小学校7月15日(日) 練習試合

【参加選手】 こたろう、ようすけ、りょう、りゅう、あきひろ、そういちろう、えいさく、たくま、ひとみ、りょうたろう

【試合形式】 6人制6分ハーフ(4試合目以降は6分1本)

【試合結果】
1試合目 赤堤 1-1 松原A(前半0-1、後半1-0 得点:ようすけ)
2試合目 赤堤 2-0 松原B(前半1-0 得点:ようすけ、後半1-0 得点:あきひろ)
3試合目 赤堤 0-1 テキサス(前半0-1、後半0-0)
4試合目 赤堤 2-0 松原A(得点:ようすけ×2)
5試合目 赤堤 0-0 松原B
6試合目 赤堤 0-0 テキサス

【寸評】
・みんなよく試合に入って行けている。暑い中最後までスイッチの切れる子なく走り切ったのは素晴らしい。りょうたろうは初出場だったが、積極的に相手に挑んでピンチの芽を摘んでいた。
・ようすけ、こたろう、たくまはこの日もドリブルで沢山のチャンスを作った。ひとみ、あきひろもボールを前に運べていた。
(石井)
2018/7/144年   砧公園7月14日(土) 練習試合 山野

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】
1試合目 赤堤 0-8 山野
2試合目 赤堤 0-4 山野
2018/7/166年   二子緑地U12 @二子緑地グランド(後期2戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔太郎、翔仁、悠生、光太、駈、知樹 5年 たくま、じゅんぺい

■試合結果  赤堤 1-1 キタミ 

■試合概要
GKの洸太朗が試合前アップにて暑さにやられてしまい、急遽、じゅんぺいにGKを託し試合開始。
前半1分 翔仁からのスルーパスをたくまが受けてキーパーを避けてゴール右隅に決めるシュートを放ちゴール!
その後、再三攻め込まれるが中盤での早い寄せによりボールを奪ったり、CBの二人が最終ラインで踏ん張り相手の攻撃を止めることができた。GKのじゅんぺいも即席での起用であったが見事0点に抑えてくれ、1-0で折り返した。
後半から体調が戻った洸太朗にGKを交代。後半出だしも集中し、赤堤ペースの時間帯で攻めコーナーキックからのセットプレーなどチャンスがあったがゴールを決められず。直後の後半6分、自陣ペナルティエリア近くからの相手スローインからゴール前に運ばれ、余った相手サイドにボールを出されシュート。シュートブロックに入ったが間に合わず、ゴール左に決められてしまい失点。その後は、一進一退の攻防で、両チーム得点することができずドロー。

■コーチからのアドバイス
・攻めているときは攻めきる(点を取る)、もしくは、カウンターのリスクを考えてディフェンスは準備しておく。
・ボールを失った後のプレーを早くする。早く相手に体を寄せディフェンスする。
・攻めが縦ばかりになっている。もっと横ドリブルや、サイドへのパスを使って攻撃の幅を広げていく。

以上
2018/7/156年   二子緑地U12 @二子緑地グランド(後期1戦目)

■参加選手
6年 輝、翔太郎、翔仁、悠生、光太、5年 たくま、じゅんぺい、れん、しん

■試合結果  赤堤 1-2 明正 

■試合概要
前半11分 体の大きな相手選手がセンター付近からドリブル。ディフェンスがズルズルさがってしまいシュート。ブロックしたが、こぼれ球を相手選手に拾われそのままゴールを奪われた。前半19分、相手ゴール前に攻め込みシュート。キーパーが弾いたところにタクマがつめて、混戦の中押し込んでゴール!
後半10分、自陣エリア近くでの相手スローインからエリア前に運ばれ、相手選手からシュート。勢いはなかったが、相手選手に当たり軌道が変わりキーパーの動いたが逆方向に飛びゴール。これが決勝点となり、惜しくも負けてしまったが、6年生が少ないなか、よく守り最小失点に抑えたと思う。

■コーチからのアドバイス
・攻撃が相手の裏を狙う縦1本の一辺倒になっている。縦1本ではすぐに相手にボールを奪われてしまう。もっと横ドリブルでのキープやサイドを使った攻撃を意識てほしい
・相手からボールを奪ったあと、TOPに出すだけでなく、TOPが動いたことにより生まれるサイドのスペースを使う。
 TOPは相手の最終ラインがついているので、オフサイドトラップにかかりやすいが、サイドに出せばオフサイドにならずに攻め込める。

以上
2018/7/86年   二子緑地U12 @二子緑地グランド(7、8戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔太郎、翔仁、悠生、温智、知樹、5年 たくま、じゅんぺい

■試合結果 
1試合目 赤堤 1-5 深沢 
2試合目 赤堤 0-3 松原

■試合概要
1試合目
いい試合の入りができ、ボールを回してチャンスが作れていたが、前半5分 自陣ペナルティエリア外からミドルを打たれゴール右隅に決められ失点してから、ディフェンスラインが下がり中盤のスペースが空き、中盤でのボールを支配された。マイボールになっても、パスを繋ぐことができず、ボールを奪われるとカウンターを受け相手側トップのスピードに着いていけず失点を重ねてしまった。後半19分 相手陣内ペナルティエリア近くからのスローインをダイレクトでシュートして得点。その後、いいミドルシュートが2本出たがキーパーにはじかれ得点できず。
2試合目
 前半4分 相手のサイド攻撃。センタに折り返され、一人ズレてしまいフリーの状態でシュートされ失点。その後、全員で守り抜き前半を0-0で折り返し。後半5分、10分にエリア内にドリブルで持ち込まれシュートされ失点。1試合目より声かけもでき、ディフェンスのカバーリングのいい動きやゴールキック時の受けて側の動き(トップと周りの選手との連携)も見られた。また中盤でのセカンドボールの競り合いも出来、何度かチャンスも訪れたがゴールすることはできなかった。

■コーチからのアドバイス
・中盤でのセカンドボールの競り合いをもっと頑張る。セカンドボールを取るために反応を早くする、予測して動く。
・ディフェンスのためにボランチが下がり気味の時は、トップ下が下がり中盤のスペースを埋める。周りとのバランスを考えて、ポジショニングを変えていこう。
・マイボールになった時に、一本目のパスから縦への勝負パスをねらい、パスが通らず相手にとられていた。ボールを奪った時は、慌てない、周りの選手がパスコースをつくってあげる、毎回同じパターンではなく横パスを使って時間を稼いでじっくり攻めるなど工夫して攻撃しよう。
・パスが通らない原因は、受け手だけでなく出してにも原因ある。弱かったり、少し横にずれていたり。練習でできていないことは出せない。練習の時からもっとこだわって取り組もう。
・マッチアップの相手の特徴をみて、ポジションを変えるとか自分達で考えて適応していこう。

以上
2018/7/74年   和田堀公園グラウンド7月7日(土) U10 竹の子

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく(以上4年)、けいご(3年)

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-3 竹の子(前半0-1、後半0-2)
フレンドリー 赤堤 0-1 竹の子(前半0-1、後半0-0)

【寸評】
・この日も動きは少なく、ほぼ押し込まれる展開だった。時折カウンターで裏のスペースを狙うが、相手キーパーの守備範囲が広くチャンスを作ることはできなかった。
・フレンドリー後半は動きが出て来てゴールに迫った。次戦に向け少し光明が見えた。
(石井)
2018/6/302年   青鳥特別支援学校6月30日(土) S-East U8 テキサス

【参加選手】 たくみ、はると、たいせい、えにし、なおき(以上2年)、こたろう、ようすけ、ゆうと、たくま、だいき、そういちろう、りょう(以上1年)

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 赤堤 3-2 テキサス(前半1-2 得点:たくみ、後半2-0 得点:たくみ×2)
フレンドリー 赤堤 4-0 三宿(前半1-0 得点:ようすけ、後半3-0 得点:たいせい、こたろう、なおき)
フレンドリー15分1本 赤堤 2-1 テキサス(得点:なおき×2)
フレンドリー15分1本 赤堤 4-0 三宿(得点:たくみ×4)

【寸評】
・前半早い時間帯に2点先制されたが、その後はたくみが相手の強い子によく対応した。前半終了間際に1点を返し、後半逆転した。
・たくみとなおきのコンビネーションは見られなかった。1年生もみな試合によく入っていけていた。
(石井)
2018/6/304年   二子緑地グラウンド6月30日(土) J2 トーナメント1回戦

【参加選手】 おうすけ、こうせい、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、はるたろう、ゆう、ゆうご、りく

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-7 SWFC(前半0-0、後半0-7)

【寸評】
・前半はチャンスを作るも、後半失速した。
・SWFCはU10で辛勝した相手だが、厳しい結果となった。
(石井)
2018.6.306年負け0-6コスモ二子緑地U12 @二子緑地グランド(6戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔太郎、翔仁、悠生、温智、光太、知樹 5年 淳平、健吾

■試合結果 
赤堤 0-6 コスモ 
(前半 0-2、後半 0-4)

■総評(試合状況)
強風、猛烈な砂埃のなかコイントスで勝ち風上サイドを選択。ミドルシュートなどの積極的な攻撃をと臨んだが
なかなかシュートチャンスが作れず得点出来ず。逆に、相手11番のスピードに乗ったドリブル、切り替えし等で
ゴールを奪われてしまった。途中、光太の横ドリブルで中央に時間を作りながら運び、左サイドに上がってきた温智にパスが繋がった
良いシーンもあった。全般的に、相手のパス回し、ファーストタッチでかわすテクニック、ボールを受けてからの次へのパスが速かった。
前線でのパスが繋がらない場面が多く、後半も無得点で終わってしまった。


■コーチからのアドバイス
・大量失点の理由を各自で良く考えよう
・前線でのパスがなぜ繋がらないかを考えよう
(スルーパスを意識しすぎているのか、パスが弱い、複数の相手の壁に無理に突撃している、ポストプレーが少ない)
・トップは自ら敵を引き付けて空いたスペースを使ったポストプレーを取り入れよう
・ダイレクトで戻すパスは非常に重要である(次の攻撃のチャンスが生まれるはず)
・ピッチ内での会話、要求する声掛けをもっと出そう

対戦成績 1勝4敗1分(残り、2試合で前期終了)
以上
2018/6/244年   赤堤小学校6月24日(日) U10 やはた

【参加選手】 おうすけ、こうせい、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、やすひさ、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-5 やはた(前半0-2、後半0-3)
フレンドリー 赤堤 0-6 やはた(前半0-3、後半0-3)

【寸評】
・相手はサイドから崩すオートマティックな攻め。度々突破され失点を重ねた。一方赤堤はボールを受ける動きも乏しくすっかり前のチームに戻ってしまっていた。
・ここ2試合、得点の匂いがしない。自信を取り戻してまた躍動する姿を見せて欲しい。
(石井)
2018/6/231年   北沢中学校6月23日(土) 練習試合 北沢

【参加選手】 こたろう、ようすけ、ゆうと、りょう、りゅう、あきひろ、まさのぶ、そういちろう、りゅうせい、えいさく、たくま、だいき、たつき

【試合形式】 6人制10分×8本(7、8本目は8人制)

【試合結果】 合計 赤堤 13-2 北沢
1本目 赤堤 1-0 北沢(得点:ゆうと)
2本目 赤堤 0-1 北沢
3本目 赤堤 3-0 北沢(得点:ゆうと×2、ようすけ)
4本目 赤堤 3-0 北沢(得点:りゅうせい、こたろう、オウンゴール)
5本目 赤堤 2-1 北沢(得点:だいき、ようすけ)
6本目 赤堤 3-0 北沢(得点:りゅうせい×2、こたろう)
7本目 赤堤 0-0 北沢
8本目 赤堤 1-0 北沢(得点:そういちろう)

【寸評】
・積極的にボールに向かう子が多かった。ゴールキックやスローインもよく考えて受けられて、よくゴールに迫っていた。サッカーの理解で少し相手を上回っていたと思う。
・りゅうせい、ゆうと、こたろう、ようすけはボールを持っても落ち着いて相手を見、ドリブルを仕掛けていた。だいき、そういちろうが早速初ゴールを挙げた。
(石井)
2018/6/234年   下高井戸運動場6月23日(土) J2 玉川

【参加選手】 おうすけ、こうせい、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、やすひさ、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-0 玉川

【寸評】
・試合の入りはよくて、パスを回してゴールに迫っていた。この日は広いフィールドで、対応した体力がないのか次第に運動量が落ちていった。
・後半は途中出場のたろうの推進力で押し気味に試合を進めたがシュートチャンスは少なかった。相手はカウンター狙いとなったが、こうせいがよく対応していた。
・予選リーグの日程が終了し、2位で決勝トーナメント進出を決めた。
(石井)
2018/6/174年   赤堤小学校6月17日(日) U10 八幡山

【参加選手】 おうすけ、こうせい、こうた、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、はるたろう、やすひさ、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-1 八幡山(前半0-0、後半0-1)
フレンドリー1試合目 赤堤 5-4 八幡山(前半0-2、後半5-2 得点:おうすけ、れお×2、こうせい×2)
フレンドリー2試合目 赤堤 1-0 八幡山(15分1本 得点:れお)

【寸評】
・相手にボールを持たれる時間も多く、後半中央を破られ先制された。その後徐々にチャンスを掴み終盤は決定的な場面を多く迎えたが、ことごとく外して敗戦となった。
・慢心ということでもないだろうが攻撃が不発だった。ただ、終盤の反撃と終了後悔しさの滲む表情は、勝負への執着を感じさせた。
(石井)
2018/6/176   二子緑地GU12 @二子緑地グランド(4、5戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔太郎、翔仁、悠生、温智、駈、5年 れん、けんご

■試合結果 
1試合目 赤堤 0-6 笹原 
2試合目 赤堤 0-2  砧

■総評(試合状況)
1試合目
試合開始早々に、相手側の体が大きくスピードのある選手にペナルティエリア外で横ドリブルから縦へのシュートを打たれ失点。以降、早く体を寄せミドルからのシュートを打たせないように抑えていたが、1対1で抜かれた際のフォローが遅れると一気にエリア内に切り込まれて失点するというシーンが続いた。攻めについては、裏を狙う縦へのパスとドリブルでの縦攻撃ばかりになり、相手を崩すことができなかった。
2試合目
 前半8分ごろにGKの洸太朗が相手シュートをセーブした際に指を負傷。急遽、けんごにチェンジ。相手の連続攻撃を全員で守り抜き0−0で折り返し。後半、GKに洸太朗が戻り、後半1分、高くあがった相手側コーナーキックをセービングしたところ、そのままゴールに吸い込まれてしまい失点。後半7分、サイドから崩されセンタリングを走りこんできた選手に合わされて失点。2点ビハインドを追ってポジション変更して点を取りに行ったが、決定的なチャンスにつなげられず無得点に終わった。

■コーチからのアドバイス
・ボールを奪い攻めるときに周りがついて来ていないときは横ドリブルで時間をつくってフォローを待つ。
・味方にどう動いて欲しいのかをピッチ上で話をして伝える。
・全員がディフェンスの裏に入るのではなく、フォローの動きもする。
・今回のピンチの時のように全員が集中力を切らさず声を出してディフェンスする
・前からの追い込み方、前線でのディフェンスの方法を形にしていく。

以上
2018/6/92年   経堂小学校6月9日(土) S-East U8 竹の子、城山

【参加選手】 たくみ、はると、たいせい、りひと、ひろたか、えにし、やまと、なおき(以上2年)、こたろう、ようすけ、ゆうと、りょう(以上1年)

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】
赤堤 5-1 竹の子(前半5-1 得点:たくみ×4、オウンゴール、後半0-0)
赤堤 6-2 城山(前半2-0 得点:なおき、たくみ、後半4-2 得点:たくみ×3、りひと)
フレンドリー15分1本 赤堤 0-2 竹の子

【寸評】
・たくみとなおきの攻守に渡る活躍で大勝した。特にたくみの運動量は目を見張るものがあった。
・2人以外ではたいせいが積極的に相手に向かって行っていた。1年生ではゆうとが何度かドリブルでボールを前に運んでいた。
(石井)
2018/6/94年   二子緑地グラウンド6月9日(土) U10 SWFC

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 1-0 SWFC(前半1-0 得点:しゅうや、後半0-0)
フレンドリー 赤堤 1-2 キタミ(前半0-0、後半1-2 得点:りく)

【寸評】
・押し込まれるがカウンターでしゅうやが先制点を挙げ、なんとか相手の攻撃をしのいで勝利した。U10は今のところ4戦全勝。
・相手が前掛かりで来る分、カウンターでいくつかチャンスを作った。ゴールキックからのビルドアップで苦労していて、こうせい不在の影響を感じさせた。
(石井)
2018/6/96  キタミ二子緑地■練習試合
VS キタミ @二子緑地グランド

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔太郎、翔仁、悠生、温智、碧、5年 じゅんぺい、れん、けんご

■試合結果 (20-5-20)
1試合目 赤堤 2-10 キタミ  
2試合目 赤堤 6-0  キタミ

■コーチからのアドバイス
・今回、“前でパスを繋ぐ”をテーマにしたが、時折見られただけで十分ではなかった。
 もっとこだわってやり続けてほしい。
・相手チームのサイドからのセンタリングやコーナーキックで複数失点。ゴール前でのマーク確認の甘さ
 に課題が残った。失点した時こそ、自分達でもっと話をしてゲーム中に修正できるようにしてほしい。
・ボールを奪った後、縦パスばかりになり横に拡がりがないため、狭いスペースでのサッカーになっていた。もっと横パスの意識をもってほしい。
 そのためには、ボールを奪った選手の周りの人間がもっと早く相手から離れて安全なパスコースをつくることが必要。
 守から攻への切り替え時の動きを速めてほしい。

以上
2018/6/36年1敗1-4松丘二子緑地■U-12(3戦目)
VS 松丘

■参加選手
6年:輝、光太、翔仁、悠生、翔太郎、5年 淳平、諒、琢磨、健吾
■試合結果 (20-5-20)
 赤堤 1-4 松丘
 (前半 0−1:後半1(翔仁)-3)


■布陣
前半:3-3-1
GK(光太)、LSB(健吾)、CB(輝)、RSB(淳平)、LMF(琢磨)、MF(翔仁)、RMF(諒、翔太郎)、TOP(悠生)
後半2-1-3-1
GK(健吾)CB(輝、翔太郎)DMF(翔仁)LMF(琢磨)CMF(悠生)RMF(淳平、諒)、TOP(光太)

■本日のテーマ
6年の参加選手が5名という事で、5年生の4名と共に今日のベストメンバーでのゲームとなった。
・1対1で体を入れて負けない
・こぼれ球を奪う
・相手に抜かれた時はゴールに向かって戻る事を意識
・布陣も前半3バックとしマンツーマンディフェンスを重視するフォーメーションとした


■総評(試合状況)
・相手チームは体型的にも上回っていたが、キーマンは15番のドリブラーと後2選手、サイドチェンジがお互い無い
 ゲーム展開であった。前半の失点シーンは、ラインを上げ、相手陣営でボールをキープした悠生が3人くらいに囲まれ
 尚も、ドリブルで前へ抜けようとしたがボールを奪われた。味方選手が前線に上がっていた為、一気にカウンターされ
 持ち込まれシュートを決められた。ドリブル、パスの判断をする事、味方選手が声出しし要求する事でチャンスは生まれるはず。
 相手のCBの守備力が強くなかなかシュートまで持ち込めなかった。
 前半1失点で抑えた事は、淳平、琢磨の戻りが速かった事、身体を当ててのディフェンス、輝のインターセプトもあり皆で
 ゴールを守る事が出来た事による。大変良かった。
 後半、光太が前半突き指しキーパーは健吾に交替。布陣も2-1-3-1へ変更した。
 後半10分翔太郎が横ドリブルをしゴール前の翔仁にパス、そのままゴール脇に狙いをすましシュート、ゴール1
 ワンツー、パスがうまく回る場面もありこのまま逆転出来る雰囲気に一瞬なったが、相手15番の緩急をつけたドリブルで
 最終ラインから一気に前線まで持っていかれ、ディフェンダー2枚も振り切られシュートを立て続けに3点決められてしまった。
 何度かのコーナーキック、ゴール前まで持ち込んでの攻撃もあったがシュートまでこぎつけられなかった。


■コーチからのアドバイス
 メンバー的に少し厳しかったが、皆声を掛け合い良く頑張った。シュートシーン、コーナーキックチャンスはあったが、決定力に欠け残念であった。
 相手CBの壁をなかなか突破出来なかったのは、ゴール前のワンツーを使ったパス、サイドチェンジして崩す事が出来なかった点にあるので
 練習でマスターしていこう。
 相手15番の緩急をつけたドリブルに着いていけなかった。ディフェンスの方法、相手がスピードを落とした時にそのままディフェンスの力をゆるめてしまう
 場面があった。身体と両足の重心バランスを次の動きを予想して半身になって着いていく練習をしてマスターして欲しい。

 ※3試合終了
 1勝1敗1分





以上
2018.5.266年1敗1分け  旧玉川高校旧玉川高校 ■U-12(2戦目)
VS 北沢

■参加選手
輝、光太、洸太朗、翔太郎、翔仁、悠生、知樹、温智、5年 淳平、諒
■試合結果 (20-5-20)
 1.公式戦 赤堤 1-1 北沢
 (前半 1(悠生)後半0)
 2.フレンドリー 赤堤 0-5 尾山台
前半 0-2 後半 0-3


■布陣
GK(洸太朗)CB(輝、翔太郎)DMF(翔仁)LMF(淳平、温智)CMF(悠生)RMF(知樹、諒)TOP(光太)

■本日のテーマ
・U-12 2戦目勝利を目標に、ピッチ内での声掛け、相手選手の特徴を察知し選手間で会話する。
・1対1で体を入れて負けない
・攻守の切り替えスピードを上げる
・横ドリブル、横パスへのチャレンジ
・パスを要求する

■総評(試合状況)
・相手チーム10番がボールをコントロールし左右のドリブル、パスを回していた、特別キック力のある選手は居なかった印象。得点シーンは、前半8分スローインから翔仁がドリブルで中央に運び、ミドルシュート、キーパーが前にこぼしたところをゴール前に詰めた、悠生がうまく押し込んでゴール1.
失点は、相手左サイドで一旦ワイドに開かれ空いたスペースに斜めドリブルで持ち込まれ、ゴール前でパス、その選手がスピードに乗りゴール前に詰めキーパーからこぼれたところを左足でゴールを決めらてしまった。
横パス、横ドリブルを使っての崩し方を是非、真似したいプレーであった。
後半は、何度か得点のチャンスもあったが、決定力が欠け追加点は取れなかったが、皆でゴールを守って勝ち点1を上げられた事は大変良かった。


■コーチからのアドバイス
・ボランチの翔仁が攻守に渡り動けていた。ボールを持った時、前線が前に上がり過ぎており縦パスしか出せないポジションになっていた。真横、真後ろ含めたパスコースを作れるような受け手の動きが必要。次回チャレンジしてみよう。また、ボール保持者からのどこへ動いて欲しい等の声出し要求も必要。
相手チームのGoodポイント
・ボールを隠したドリブル(横、斜め)
・パス回し、ダイレクトパスも含めワイドに開く動き
・攻めは2〜3人で体系立てたスタイルであった

◆次回チャレンジしたい攻撃方法
・ゴール前、ペナエリア内でのダイレクトパスを取り入れた横への展開
・右サイド攻撃時、相手DFを右に引き付けているところを、逆サイドオーバーラップするような動き

是非練習でマスターしていきたい。


以上
2018/5/204年   赤堤小学校5月20日(日) J2 対等々力

【参加選手】 おうすけ、こうせい、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 3-3 等々力(前半2-1 得点:しゅうや、れお、後半1-2 得点:れお)

【寸評】
・開始早々、しゅうやが一人で突破してゴール。れおとしゅうやがたびたびゴールに迫った。しかし3点目が入らず、前半終了間際にオウンゴールを献上した。後半2失点で逆転されるが、れおのゴールで同点に追いついた。
・相手はうちと同じようなレベルで、できればがんばって勝ち切って欲しかったが、逆転されても下を向かずに追いつけたのは、前向きに捉えたい。次戦勝てばJ2グループリーグ突破の可能性は十分あるので、がんばって欲しい。
(石井)
2018/5/194年   二子緑地グラウンド5月19日(土) 練習試合 対桜

【参加選手】 おうすけ、こうせい、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、やすひさ、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】
1試合目 赤堤 1-3 桜(前半0-3、後半1-0 得点:なおや)
2試合目 赤堤 0-1 桜(前半0-0、後半0-1)
2018/05/203 2    4月22日(土) 3年あすなろ大会 対たけのこ

【参加選手】 そういちろう、けいご、りょうすけ、れい(以上3年)たくみ、たいせい、りひと、ひろたか、はると(以上2年)

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 
赤堤 1 - 3 たけのこ(前半1-1、後半0-2 得点:たくみ)

【寸評】
・試合前コーチからは「最後まで戦う」こと、「練習してきたことを全て出し切る」こと を選手たちに確認し、試合に送り出した。選手たちは、体格が大きい相手に対して、怯むことなく良く食らいついていた。特にたいせいは相手選手に果敢にチャレンジして素晴らしかった。
・攻撃については、パスをつなげることができず、縦に長いボールを蹴るだけの単調なサッカーになってしまっていた。もっと声をかけあってパスをつなぐようにしたい。
・ひとりひとり、自分の良さを出していて、成長を感じることができた。(そういちろう:足の速さ、けいご:運動量、りょうすけ:バランス・気遣い、れい:丁寧さ、たくみ:シュート、たいせい:戦う姿勢、りひと:チャレンジ精神、ひろたか:ボールタッチ、はると:勇気)


(石川)
2018/5/136   富谷小学校■練習試合 @渋谷区富谷小学校

■参加メンバー
洸太朗、翔太郎、碧、翔仁、光太、輝、悠生、駈

■試合結果(各15分)
1試合目VS富谷:1-0勝ち(碧) 
2試合目VS城山:1-1引分(翔太郎)
3試合目VS富谷:3-0勝ち(翔太郎、駈×2)
4試合目VS城山:0-4負け

■試合前の確認
・ピッチ内での声掛け、相手選手の特徴を察知し選手間で会話する。
・1対1で体を入れて負けない
・横ドリブル、横パス
・TOP下を試す(1試合目:悠生、2・3試合名:翔太郎、4試合目:輝)

■寸評
 <良かった点>  
・左サイドからの攻撃に合わせて上がっていた右サイド碧に合わせたGOALや
 ショートコーナーからの得点など新たな攻めが幾つか見られた。
<反省点・課題>
・4試合目は劣勢の中、会話して自分たちの判断でポジションを変更(輝をTOP下→CBに下げた)したのは
 自立心が見られて良かった。
・全体を通じて縦パス、突破の動きが多く、期待していた横ドリブルや横パスが最後までほぼ見られなかった。
 最終4試合目での横の試みを期待したが、防戦で全く見られなかった。
・選手達には、負けた試合では敗因を体格差と捉えるだけでなく、もっと学ぶ意識をもって欲しい
 (横ドリブル、横パス、パスコースを作る、ミドルシュート、ファーストタッチなど)。

(井出)
2018/5/56年3-2成城チャンプ二子緑地■U-12(初戦)
VS チャンプ @二子緑地

■参加選手
輝、光太、洸太朗、翔太郎、翔仁、悠生、知樹、碧、5年 淳平、健吾

■試合結果 (20-5-20)
 赤堤 3-2 チャンプ
 (前半 2(光太、知樹)−2、後半1(翔太郎)-0)
 
■布陣
GK(洸太朗)CB(輝、翔太郎)DMF(翔仁)LMF(知樹)CMF(悠生)RMF(淳平、碧、健吾)TOP(光太)

■本日のテーマ
・U-12初戦勝利を目標に、ピッチ内での声掛け、相手選手の特徴を察知し選手間で会話する。
・1対1で体を入れて負けない
・攻守の切り替えスピードを上げる
・横ドリブルからの縦パス(練習の実践)

■総評(試合状況)
・ようやく迎えたU-12初戦、相手チームの特徴を開始早々選手間で会話し、攻守の指示が出来ていた。相手チームのプレス、1対1は比較的緩めだった事もあり、前線から積極的にボールに向かっていけた。
開始2分30秒相手自陣から蹴りだされたボールを淳平がサイドを一気に駆け上がり追いかける、相手がボールコントロールしようと慌てて出した先にいた、悠生にボールが渡り、ダイレクトでセンターに走りこんでいた光太へパスを出し、ドリブルで持ち込み左足でゴール右隅へシュート(ゴール1)
13分30秒頃ハーフェーラインから味方ゴールキーパーへボールを戻したボールに光太が向かいキーパーがクリアするも、知樹が走り込みシュート(ゴール2)(知樹がシュートの瞬間光太はオフサイドポジションでキーパーにチャレンジしていたが)
後半1分30秒頃、ハーフェイラインから翔太郎がロングシュート、キーパーがセーブしようとボールにジャンプしたが足元でバウンドしゴールへ吸い込まれた。(ゴール3)
失点は、ゴール前のDFが足りていな場面での2点であった。逆サイドから攻められていた場合の、サイドハーフ(逆サイド)はゴールを守るポジションへ移動する、CBがその指示をする連携が必要である。


■コーチからのアドバイス
・初戦を勝利出来たことは素晴らしい。次回への自信にしよう。開始早々に相手選手の特徴、キーパーの技量を観察し、判断攻めのポイントを選手間で会話出来ていた。ボールを奪い1対1からの抜け出せる場面もあったが、あえて横ドリブルで時間を稼ぎ、パスでつなぎ、相手ゴールに攻め上げていく戦術チャレンジしてもよかった。次回トライしてみよう。
セカンドボールが後半相手チームのものになっていた。フィジカルを鍛え最後まで足を動かせるようになろう。
最近の練習試合と比較し、声は出ていたが、まだまだ1/4程度、まだまだ声出しして自分たちで試合の流れを作っていくこと。

以上

2018/4/302・1   太子堂小学校4月30日(月) 春季学年別大会 2回戦

【参加選手】 たくみ、はると、たいせい、りひと、ひろたか(以上2年)、ひとみ、こたろう、りゅうせい、そう、ようすけ、あきひろ、ゆうと、たくま、だいき、りょう(以上1年)

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】
赤堤 1-5 桜町(前半1-3 得点:たくみ、後半0-2)

【寸評】
・終始押し込まれチャンスは少なかった。ボールには行けていたと思うが、相手はパスで展開してきて、ボールを奪えなかった。たくみも最終ラインで守備に追われ、攻め上がることはできなかった。得点は相手ハンドの反則でPKを得たもの。
・キーパーが捕球体勢に入ったところにチャージを受けて失点したり、6秒ルールの反則を取られてその流れで失点したり、かわいそうな失点があった。これがなければもっと粘れたのではないかと悔やまれる。
・ベンチの選手は早く出たいとコーチにアピールしたり、みんなやる気に溢れていた。はると、ようすけ、ゆうとらは、ボールを前に運べていた。
(石井)
2018/4/304 船橋瀬田小学校◾四年春季学年別 対船橋

【参加選手】おうすけ、こうせい、しゅうや、しゅんたろんう、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、れお、やすひさ

【試合形式】8人制 15分ハーフ

【試合結果】
赤堤1-2船橋 (前半0-2、後半1-0)

[寸評]
今日は前半の開始5分で試合が決まってしまった印象だ。立ち上がりから緊張の色が見えてプレーに積極性を欠いてしまった。対する船橋さんは開始から積極的にプレスをかけて赤堤ゴールに迫った。前半は良いところがなく、2点ビハインドで折り返す。後半ようやくスイッチが入ったのか徐々に試合の主導権を握る。そして試合終了間際最終ラインから、なおや、ゆうごのワンツーでサイドを突破し、最後はしゅうやが決めて一点を返すも試合終了。正直悔いの残る試合となってしまった。今日の感想を述べるとやはり前半の内容がとてももったいなかった。いつも練習でやっているトラップで相手をずらす事であったり、敵と敵との間でボールを受ける事が全く出来なかった。またコーチに言われて修正するのではなく、自分達自身で問題に気付き、修正する力を身につけてほしい。この悔しさを次の試合で晴らすために次の練習からしっかりと取り組んでほしい。
2018/4/286   大蔵公園体育館

■バーモントカップ(全日本少年フットサル大会第5ブロック予選大会)
J組 1試合目 VS 城山 
   2試合目 VS 桜丘

■参加選手
6年 輝、光太、洸太朗、翔太郎、翔仁、駈、悠生、知樹、 5年 琢磨、淳平

■試合結果 (7分ハーフ)
1試合目 赤堤 0-3 城山  
2試合目 赤堤 2-2 桜丘
→ 予選リーグJ組2位 予選敗退

■総評
1試合目はフットサルモードにプレーがなっていないのか、パスが弱かったり、ボールのつながりが持ててなかった。2試合目は前線でのプレスでボールを奪ってからの攻撃など、1試合目よりも各選手の動きが格段にあがっていたと思う。内容としては、キックインからのセット攻撃やGKからだされたボールをロングで相手ゴール前に蹴りだし、トラップしてシュートなど、練習していたパターンによりチャンスを作っていたが、シュートがゴールポストに当たったり、枠を外れたり、ヒットできなかったりと相手との決定力の差が勝敗をわけた。

■コーチからのアドバイス
・ゴールチャンスを決めきれなかったのは、一人一人の力(基礎スキル)が足りなかったからだと思う。
 これをあげていかないと勝てない。パス、トラップ、シュートそれぞれの基礎スキルをもっと高めていってほしい。
・8人制と同様、縦パスが多く、横パスや横ドリブルがなかった。斜めに入る動きもなかった。
 練習の時から、ひとつづつチャレンジしていってほしい。
・相手のプレーに合わせて、試合中に自分達で考えて形を変えていく必要がある。ピッチ上でもっと選手間でコミュニケーションをとって自分達で試合を作っていってほしい。

以上
2018/04/223、2   赤堤小学校4月22日(土) 3年春季学年別 対トッカーノ

【参加選手】 れい、けいご、はるま、そういろう(以上3年)、たくみ、はると、りひと、たいせい(以上2年)

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 
赤堤 1 - 19 トッカーノ(前半0-10、後半1-9 得点:たくみ)

【寸評】
・3年生にとって(ようやく!)初公式戦であった。20人ほどのメンバーのいる世田谷区屈指の強豪クラブチーム相手に、3年生・2年生の8人ギリギリメンバーで臨んだ。結果は非常に厳しいものととなったが、選手は下を向かずよく戦っていた。その結果、後半11分に たくみがPKで1点をとることができた。
・相手チームとは基本技術の差がとても大きかった。ボールを ける、とめる、はこぶ・・・基礎練習にしっかり取り組む必要性を再認識した。
・局面局面では、相手に勝っていた場面もあった。これを踏まえ、試合後コーチから"逃げずに相手に向き合えばやれることは沢山ある"ことを選手に話すと、選手たちは次の練習に気持ちを切り替えていた。

(石川)
2018/4/281   烏山小学校4月28日(土) 練習試合 対烏山

【参加選手】 ひとみ、こたろう、りゅうせい、そう、ようすけ、あきひろ、りょう(以上1年)、しんら、つばさ、りお(以上年長)

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 
1試合目 赤堤 0-8 烏山(前半0-5、後半0-3)
2試合目 赤堤 1-8 烏山(前半1-4 得点:ひとみ、後半0-4)

【寸評】
・人数の足りない烏山さんに赤堤2人が混ざっての、変則マッチとなった。混ざった2人はよく貢献していたと思う。
・真っ先にボールに触る子たちが今日は居なくて、いつも少し遠慮がちな子たちがキッズを含めよくボールに触って頑張った。たくさん点は取られたが、ボールに向かう姿勢がよかった。
(石井)
2018/4/284   烏山小学校4月28日(土) U10 対祖師谷、烏山

【参加選手】 おうすけ、こうせい、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】
赤堤 6-0 祖師谷(前半3-0 得点:おうすけ×2、れお、後半3-0 得点:れお、たろう、こうせい)
赤堤 3-1 烏山(前半1-1 得点:なおや、後半2-0 得点:れお×2)

【寸評】
・祖師谷戦。序盤押し込まれるが、おうすけの得点で流れを引き寄せた。前線からの守備も効いて、思いの外の大量得点となった。
・2試合目、烏山戦。やはり試合の入りが悪く先制を許すが盛り返すことができた。暑い中守備も粘り強く対応していた。
(石井)
2018/4/224   赤堤小学校4月22日(日) U10 対キタミ

【参加選手】 おうすけ、こうせい、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、やすひさ、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 3-1 キタミ(前半1-1 得点:しゅうや、後半2-0 得点:れお、なおや)
フレンドリー 赤堤 6-2 キタミ(前半4-1 得点:ゆうご×2、しゅうや、こうせい、後半2-1 得点:れお、やすひさ)

【寸評】
・少し相手のプレッシャーが弱かったのか、ボールがよく回っていた。トップのしゅうやがよくボールを収めていた。中盤のなおやがパスにドリブルに攻撃を牽引していた。会心のゲームだったと思う。
・試合中チーム内でコミュニケーションを取る様子がよく見られた。
(石井)
2018/4/222・1年   赤堤小学校4月22日(日) 春季学年別大会 1回戦

【参加選手】 たくみ、はると、たいせい(以上2年)、ひとみ、こたろう、りゅうせい、そう、ようすけ、あきひろ、ゆうと、たくま、だいき、りょう(以上1年)

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】
赤堤 3-2 明正(前半1-0 得点:ようすけ、後半2-2 得点:たくみ×2)

【寸評】
・相手は体格から2年生主体と思われ、押し込まれる展開が続いたが、キーパーたくみを始め、はると、たいせいが体を張ってよく防いだ。
・1年生はやはり気後れからか動きも少なかったが、だいき、たくま、ようすけは臆せず相手に挑んでいた。ようすけが先制点を挙げると、勇気を貰ったか、こたろう、りょう、ゆうとが積極的にボールを追うようになった。
・2点のリードを追い付かれるが、終了間際にたくみがシュートを決めて劇的な勝利を収めた。
(石井)
2018/4/84年   二子緑地グラウンド4月8日(日) ハトマークフェアプレーカップ 1回戦

【参加選手】 おうすけ、こうせい、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-16 GIUSTI

【寸評】
・最近内容のいい試合をしていたので善戦を期待したが、厳しい結果となった。寄せ切れずに、遠目からのシュートを許していた。
・春季学年別大会の1回戦を勝ち上げれば、GIUSTIさんと対戦する可能性がある。是非実現して、次はもっと頑張って欲しい。
(石井)
2018/4/8新6年  八幡山砧公園■練習試合
VS 八幡山 @砧公園

■参加選手
輝、光太、洸太朗、翔太郎、翔仁、駈、悠生、知樹、温智

■試合結果 (20-5-20)
1試合目 赤堤 4-2 八幡山  
2試合目 赤堤 2-2 八幡山

■総評
・サイドを使った攻撃が機能し攻撃に幅が出たと思う。1試合目先取点や2試合目先取点は、サイドから逆サイドへパスを出し、しっかり詰めて得点しており、練習の成果が出ている。ただ、何本かはサイドからセンタリングするが、詰めが遅くチャンスを逃してしまっており、ボールを持っていない周りがしっかりと連動して動くことを心掛けてほしい。また1試合目後半、追いつかれてから追加点を取るまで、我慢の時間が続いたが、集中力を切らせずしっかりと守れていたと思う。

■コーチからのアドバイス
・最近練習していたスペースに動き出し、ボールをもらうというプレーも何度か見られた。このチャレンジを続けよう。
・縦パスが多く、横パスがまだまだ活用しきれていない。横ドリブルも含め、横への動きを意識してほしい
・失点は、サイドとセンターバックとの連携ミスにより出ている。どちらがマークするのか、詰めにいくのかをしっかりと声を出してコミュニケーションを取ろう。
・味方がボールを持ったときの周りの動きがまだ遅い。止まってボールをもらうのではなく、パスがもらえるスペースに動きだし、ボールを要求してボールをもらう。
・最終ラインでのボールの処理。ボールを隠してキープするスキルを身につける。(今回も出来てなかった)
・一人目がプレスに行ったときの周りの動き。パスコースが限定されるので、そこを二人目、三人目が狙いにいく。今回、そこの動き出しや読みが甘く、周りが動いていないためボールを取り切れてなかった。
・試合前に決めたテーマについては、失敗を恐れずに全員がチャレンジするようにしよう。

以上
[ Home ]
( 1-50 / 全147件 )
[ HeRO DataBase Ver 1.30 ][ Thanks. KENT ]