• 赤堤コミュニティサッカークラブの試合結果を記録します。
  • 書き込みには管理パスワードが必要です。
  • 公式戦、練習試合にかかわらず、入力して下さい!
■ 全文検索 ■
検索文字列 検索文字をSPACEで区切って入力。
[ Home ]
( 1-50 / 全183件 )
[ 管理者 ]
日付赤堤(学年)勝敗スコア相手チーム場所備考
201903243年、2年    3月24日(日) S-East U9/ 4-7位順位決定戦(最終戦)
→新ホームページにも記載: http://sgrum.com/web/akatsutsumi/result/single.html?seq=9

【参加選手】
 3年 けいご、けんせい、こうたろう、そういちろう、はるま、りょうすけ、れい
 2年 えにし、たいせい、ひろたか、やまと

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】
 U9順位戦   :赤堤 0-7 竹の子(前半0-4、後半0-3)→ この結果、赤堤CSCの 7/7位が決定
 フレンドリー1 :赤堤 2-2 竹の子(前半2-1、後半0-1:得点けんせい、けいご)
 フレンドリー2 :赤堤 0-4 竹の子(15分1本)
順位決定戦勝敗: http://blog.livedoor.jp/renshu_league/archives/cat_46798.html

【コーチからのアドバイス】
- 相手の走力に圧倒されU9順位決定戦では失点を重ねてしまいましたが、フレンドリー1の試合では見違えるような試合を見せてくれました。攻守の切り替えも早く、ボールの保持率もとても高かったです。やれば出来る!

- 失点は、ボールの逆サイドの相手選手をフリーにしてしまい、その選手にゴールを決められるパターンが多かったです。逆サイドの守備の意識を持ちましょう。

- 守備をするとき、相手がボールを話した時に相手とボールの間に体を入れてボールを奪いましょう。足だけで相手にチャレンジせず、体でチャレンジすることが大切です。

- フレンドリー2の試合は、リスタートがとても雑でした。ゴールキックなど、ボールを蹴る選手に対して、周りの選手がボールをもらってあげようとする意識が低かったです。またボールを蹴る選手も、味方をきちんと狙わずにただやみくもにボールを蹴っていました。周りの選手は相手のマークを外して、ボールを受けてあげましょう。ボールを蹴る選手は、味方に正確にパスを送りましょう。

(石川)
2月24日(日)2年   八幡山小学校2月24日(日) 北風2年生大会

【参加選手】
たくみ、たいせい、りひと、やまと、えにし(以上2年5人)、ゆうと、そういちろう、りょう、たくま、こたろう(以上1年5人) 合計10人

【試合形式】 8人制13分ハーフ(参加8チームによるトーナメント戦)

【試合結果】
1回戦    赤堤 2-1 祖師谷(得点:たくみ、えにし)
準決勝    赤堤 0-3 千歳台
3位決定戦 赤堤 6-0 上北沢(得点:たくみ×2、えにし×2、りひと、ゆうと)

・1回戦、祖師谷戦。1点先制し、幸先の良いスタートが切れたが、同点に追いつかれてからは、なかなか攻めきれない状況が継続。1-1のままPK戦かと思われたが、終了間際そういちろうからのパスに、えにしがドリブルで抜け出し、ゴールし、勝利を収めた。

・準決勝、千歳台戦。体格、テクニックともに赤堤よりも勝る相手との大一番。前半相手の攻撃を何とかしのぎ、0-0。後半、組織的にパスを回し、左右に展開を行ってくるチームに対し、なかなか対応できず、また体力も落ちてきたところを相手にうまく付かれ、後半3点を入れられ、敗戦。

・3位決定戦、上北沢戦。
準決勝の敗戦も気にすることなく全員がのびのびと戦うことができ、終始相手を圧倒。結果、6-0で勝利。

【寸評】
2年生5人と、1年生の力を借りながらの苦しい3試合であったが、結果は3位と奮闘。その中でも、たくみが周りのメンバーをうまく動かすことができるようになったこと、周りのメンバーもその意志に応えられるスキルアップが図れたことも成長が感じられた。
課題は、浮いたボールへの恐怖心がなかなか抜けないこと、中途半端なボールを相手任せにしてしまうこと、組織的に戦ってくる相手に対し、フリーになる選手を作ってしまうこと(試合中の視野が狭い)。
今後の練習の課題としたい。
2019/2/234年   城山小学校2月23日(土) 練習試合 城山

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、はるたろう、ゆう、ゆうご、りく、れお(以上4年)、たくみ(2年)

【試合形式】 8人制15分×8本

【試合結果】
1本目 赤堤 0-2 城山
2本目 赤堤 2-1 城山(得点:たくみ×2)
3本目 赤堤 0-1 城山
4本目 赤堤 0-3 城山
5本目 赤堤 5-0 城山(得点:たくみ、おうすけ、ゆうご、れお、しゅうや)
6本目 赤堤 0-4 城山
7本目 赤堤 1-0 城山(得点:ゆう)
8本目 赤堤 1-3 城山(得点:オウンゴール)

【寸評】
・攻撃も守備も積極性が感じられなかった。ボールを持っても前を向けず、苦し紛れのバックパスを狙われて失点した。守備でもなかなか相手に寄せられなかった。
・1年間同じことを思い続けているが、どうしたら走り出すだろうか。2時間半も休みなく試合に出続けて息の上がらない選手がいるのはおかしい。
(石井)
2019/2/172年   砧公園2月17日(日) S-East U8 順位決定トーナメント

【参加選手】 えにし、たいせい、たくみ、はると(以上2年)、こたろう、そういちろう、たくま、ゆうと、ようすけ(以上1年)

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】
準決勝 赤堤 2-1 テキサス(前半1-0 得点:ゆうと、後半1-1 得点:ようすけ)
決勝戦 赤堤 0-0(PK戦 2-1) 桜丘

【寸評】
・リーグ戦を6勝1分の1位で通過、上位4チームによる決勝トーナメントに臨んだ。
・準決勝の相手はテキサス。前半、一進一退でじりじりする展開の中、たくみのコーナーキックにゆうとがダイレクトで合わせて先制ゴール。後半、相手ゴールキックを奪ったようすけがシュートし、ゴール。その後の反撃を1点に抑え、決勝進出を決めた。
・決勝の相手はリーグ戦で唯一勝てなかった桜丘。押し込まれて前線にボールが繋がらなくなり、ゆうとやようすけが試合から消えてしまった。たくみが最終ラインに構えるが、それでも崩されてゴールを脅かされる場面が続いた。後半、たいせいがドリブルでゴールに迫ったり、ゆうとが前線へのフィードに反応してシュートを放ったり、コーナーキックにようすけが頭で合わせたり、チャンスも掴むが得点は奪えず。最後はたくみが試合を決めに掛かるかと思ったがリスクは負わず、PK戦に突入した。PK戦ではたくみとえにしがゴールを決め、キーパーに入ったたくみが相手のシュートを2本止めて、見事勝利した。
・試合の間中、たくみの指示の声が響いていた。自分で攻め上がることはせず、最終ラインから味方を動かしていた。上手くなることよりも、勝負に徹していた。ベンチの期待とは違ったかもしれないが、たくみなりに頭と体をフルに使って手繰り寄せた勝利だった。
・この日の2年生は4人。たいせいは度々ボールを前に運び、準決勝でははるとが、決勝ではえにしがよく相手を止めていた。
・1年生もみんな試合に絡んで、成長を見せてくれた。こたろうやたくまはよく相手を止めていた。たくまは決勝戦でキーパーをこともなげにこなし、強心臓ぶりを見せた。そういちろうも素早く相手に寄せてボールを奪っていた。
(石井)
2019/1/274年   世田谷公園1月27日(日) 練習試合 SWFC

【参加選手】 しゅうや、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお(以上4年)、たくみ(2年)

【試合形式】 8人制15分か20分を何本か

【試合結果】
相手は3年生主体だったようで、複数得点、無失点での快勝となった。
得点者:たくみ、れお、なおや、ゆう
(石井)
2019/02/163&2    2月16日(土) S-East U9/ 4-7位順位決定戦

【参加選手】
 3年 あいな、けいご、こうたろう、そういちろう、はるま、りょうすけ、れい
 2年 えにし、たいせい、たくみ

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】
 U9順位戦   :赤堤0-2松原(前半0-0、後半0-2)
 フレンドリー1 :赤堤1-6松原(前半0-4、後半1-2:得点たくみ)
 フレンドリー2 :赤堤0-0松原(10分1本)
順位決定戦勝敗: http://blog.livedoor.jp/renshu_league/archives/cat_46798.html

【コーチからのアドバイス】
- 今年1月の対戦で 0 - 9で負けている松原さんを相手に、前半は 0-0と健闘しました。特に、選手の「ボールを蹴る、止める、運ぶ」の技術が上がったことがみてとれたことと、相手を怖がらずにチャレンジする姿勢がみえたこととても良かったです。
- 赤堤の攻撃を防がれてから守備に切り替える意識が低いので、守備の人数が足りなくなる場面が度々ありました。ボールを取られたらすばやく守備に戻ることを意識しましょう。
- 味方の選手がボールをもったとき、周りに近づいて助けてあげましょう(パスをもらってあげましょう)。この「助け合い」を続ければチームは強くなります。

(石川)
2019/2/166  船橋千歳台小北風リーグ(順位決定戦) @千歳台小

■参加選手
6年 輝、翔仁、光太、悠生、温智、翔太郎、駈 5年 シン、タクマ
■試合結果 3位決定戦 赤堤 1-0 船橋(15分ハーフ)

■試合概要
開始早々、翔仁が左サイドからセンタリング、右サイドをあがってきた翔太郎がつめてシュート。
キーパー正面のため止められたが出だしから、いい形の攻撃ができた。途中、流れが悪く攻め込まれた
時間帯もあったが、奪ったボールをすぐに縦にパスを入れるのではなく、キープして時間をつくり
攻撃を組み立て、再び流れを引き戻した。
後半に入り、左サイドのタクマをうまく使いチャンスを作り、後半3分、左からのセンタリングを
翔太郎がダイレクトにシュート。ゴールネットを揺らすも認められず。後半10分、相手のミドルシュートをシュートブロック、
奪ったボールを前線にロングパスしてカウンター攻撃。受けた悠生がキーパーと1対1になりシュートしてゴール!!
その後、守り切り勝利することができた。

■コーチからのアドバイス
・攻めの流れの時、TOP前線に3人あがり、ディフェンス人数が足りてないことがあった。
 一人戻らせるなど状況に応じた対応が取れるようにコミュニケーションを取っていこう。
・ゲーム中、審判の判定に不満を言わず気持ちを切り替えてプレーしていた点、非常に評価できる。みんなの成長を感じた。

以上
2019/1/266  千歳台赤堤小北風リーグ @赤堤小

■参加選手
6年 輝、翔仁、光太、悠生、温智 5年 シン、タクマ、リョウ
■試合結果 赤堤 0-4 千歳台(15分ハーフ)

■試合概要
前半は危ないシーンもあったが、こちらの戦術がはまり相手ボールを奪うことができ、ほぼ互角の戦いができた。後半、相手フォーメーションが変更され、こちら側が対応しきれず早い段階で失点。そのあと、相手の個人技で攻め込まれ、流れを止めることができず連続失点してしまった。

■コーチからのアドバイス
・悪い流れの時こそ、声を出して全員で気持ちを盛り上げていこう。
・ピッチ上は選手のみしかいない。状況変化に対しては自分達の頭で考え、判断して変えていこう。

以上
2019/1/261年   松沢小学校1月26日(土) 練習試合 松沢

【参加選手】
前半出場組:あきひろ、かつし、そう、そういちろう、そうすけ(い)、だいき、まさのぶ、ゆうと(せ)、りゅう
後半出場組:えいさく、こたろう、これかず、たくま、はるき、ゆうと(か)、ようすけ、りゅうせい、りょう

【試合形式】 8人制15分ハーフ(3試合目は10分ハーフ)

【試合結果】
1試合目 赤堤 3-2 松沢(前半0-2、後半3-0 得点:こたろう、ゆうと(か)×2)
2試合目 赤堤 3-1 松沢(前半0-1、後半3-0 得点:りゅうせい、こたろう、オウンゴール)
3試合目 赤堤 0-1 松沢(前半0-1、後半0-0)

【寸評】
・前半出場組ではそういちろうがドリブルで相手をかわしていて素晴らしかった。そうとゆうと(せ)はこの日も素早い寄せでボールを奪った。そうすけ(い)が抜け出しゴールに迫った。
・後半出場組ではこたろうの出足が素晴らしかった。えいさくが度々シュートを放った。2試合目の相手オウンゴールはえいさくのシュートをクリアしようとしたもの。りょうがドリブルでボールを前に運んでいた。
(石井)
2019/01/133/2/1   赤堤小学校1月13日(日) S-East U9

【参加選手】
 3年けいご、こうたろう、そういちろう、りょうすけ、れい
 2年えにし、たいせい、りひと
 1年そういちろう

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】
 リーグ戦    :赤堤0-9松原(前半0-5、後半0-4)
 フレンドリー1 :赤堤0-11松原(前半0-5、後半0-6)
 フレンドリー2 :赤堤1-3松原(15分1本 得点:けいご)
星取表: http://blog.livedoor.jp/renshu_league/archives/cat_46708.html

【コーチからのアドバイス】
・相手がシュートをするとき、シュートを打たせないように勇気をもってシュートブロックしましょう。
・相手が攻めてくるとき、赤堤のゴールに近づけないように、後ろに下がらずに積極的に前に出ていく守備をしましょう。
・GKのゴールキックのときには、ボールが受けられるように相手のマークを外す動きをしましょう。
・3年生そういちろうが、普段良く練習しているダブルタッチで相手をかわそうとチャレンジしていたことは素晴らしかったです。練習していることをを試合にどんどん出していきましょう。

(石川)
2019/1/121年   砧公園1月12日(土) 練習試合 桜

【参加選手】 そういちろう、ようすけ、ゆうと(か)、ゆうと(せ)、ひとみ、そう、そうすけ(い)、りゅう、あきひろ

【試合形式】 8人制15分1本

【試合結果】
1本目 赤堤 1-0 桜(得点:ゆうと(か))
2本目 赤堤 0-0 桜
3本目 赤堤 2-0 桜(得点:ようすけ、ゆうと(か))
4本目 赤堤 0-0 桜

【寸評】
・相手に大きくて速い子もいたが、怯まず挑んで決定的な場面を作られることはなかった。そう、ゆうと(せ)、りゅうは真っ先に相手に寄せてペースを握らせなかった。あきひろは後方に構えて向かってくる相手からことごとくボールを奪った。
・攻撃ではそうが前への意欲高く何度もボールを前に運んだ。ひとみはボールを前に蹴るだけでなく、相手を見てかわそうとしていた。そういちろうはボールの出所を予測してこぼれてきたボールを前に運んだ。
・少し前まで見られたボールを触ることに遠慮がちな様子は、この日は誰にも見られなかった。それぞれの子のチャレンジも見れて、成長を感じる一日となった。
(石井)
2018/12/224年   赤堤小学校12月22日(土) U10 八幡山

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、やすひさ、ゆう、ゆうご、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ(フレンドリーは15分ハーフ)

【試合結果】 赤堤 1-4 八幡山(前半1-1 得点:ゆうご、後半0-3)
フレンドリー 赤堤 2-0 八幡山(前半1-0 得点:なおや、後半1-0 得点:ゆうご)

【寸評】
・前半序盤にゆうごがドリブルで中央突破、幸先よく先制したが、終了間際ゴール前の混戦を堪え切れず同点とされた。
・後半前に出たところをカウンター気味に失点してしまった。チャンスは多く作っていただけに、残念な敗戦となった。
(石井)
2018/12/151年   烏山小学校12月15日(日) 北風1年生大会

【参加選手】
ようすけ、ひとみ、たくま、あきひろ、りょう、そういちろう、これかず、りゅうせい、りゅう、かわべゆうと、せきゆうと、そうすけ、えいさく、だいき、まさのぶ、そう

【試合形式】 8人制13分ハーフ(参加8チームによるトーナメント戦)

【試合結果】
1回戦 赤堤 2-0 船橋(前半1-0 得点:りゅうせい、後半1-0 得点:かわべゆうと)
準決勝 赤堤 3-1 塚戸(前半2-0 得点:ようすけ×2、後半1-1 得点:たくま)
決勝戦 赤堤 1-5 千歳台(前半1-3 得点:ようすけ、後半0-2)

【寸評】
・1回戦。前半、度々相手のドリブル突破を許し苦しい展開となったが、りゅうせいが左足一閃、値千金のゴールを挙げた。後半、かわべゆうとが加点、相手の攻撃を凌ぎ切り勝利した。初出場のそうすけがよく相手を追ってピンチを防いでいた。
・準決勝。前半、ようすけとだいきの推進力で攻勢に試合を進め、ようすけが2点を挙げた。後半1点を返されるが、たくまがドリブルで抜け出してゴール、試合を決めた。
・決勝戦。相手のスピードについて行けず、厳しい結果となった。1点先制された後、すぐに追いつくことができたが、後は前方へのフィードで抜け出されたり、ドリブルで振り切られたりして、失点を重ねた。
・強い相手に対して見てしまうところがあったのは残念だが、寒空の下、待ち時間も長い中、気持ちを切らさずに最後まで頑張ったと思う。敗戦後のかわべゆうとの悔し涙が、それを物語っていた。準優勝おめでとう。
・MVPはりゅうせいが獲得した。いつもポイントゲッターとしてチームに貢献しているが、この日は攻撃に加え守備でもよく貢献していた。
(石井)
2018/12/156&5   赤堤小学校北風リーグ トーナメント @赤堤小学校

■参加選手
6年 輝、翔仁、光太、悠生、温智、翔太郎 5年 シン、タクマ、ジュンペイ
■試合結果 
 トーナメント 赤堤 2-2(15分ハーフ、悠生2点)(PK3-2)成城チャンプ
 フレンドリー 赤堤 1-0(15分、翔太郎1点) 八幡山

■試合概要
・相手の攻撃で劣勢に立たされる中で掛け声が全くなく、立て直しができないまま
 ロングシュート決められて0-1で前半を折り返す。
・後半に相手に追加点を決められるが、その後反撃に転じ1点を奪う。
・相手の厚い守備陣にシュートを阻まれ、なかなか同点に追いつかない中、
 相手のハンドでPKのチャンスを得たがゴールできず。
・終了場際に相手GKが倒れ、相手GOAL前でのドロップボールから同点ゴールを奪った。
・PK戦で相手の3本目をシンが見事に止め、光太が3本目を落ち着いて決めた。


■コーチからのアドバイス
・劣勢に立たされたときに自ら声を出すことが一番の課題である。
 コーチは選手たちで誰が声を出してくれるか期待して見ていたが誰からも出ず残念であった。
 日頃の開始・終了の挨拶や1つ1つの練習メニューをただこなすだけの姿勢になっているなど、
 日々の行ないの積み重ねの結果である。
・今回の場合のドロップボールは、本来は相手ボールにしてあげないといけない。
 これはサッカーをやる上でのマナーなので、今後は気を付けて欲しい。
・攻撃に転じたときの下からの押上げや、ボールへのプレスが全体的に遅かった。
・パスがショートばかりになっていたが、1試合目の光太のサイドチェンジなど
 良いパスも見られた。
・今回の反省を踏まえて、年明け後の次回のトーナメントで頑張って欲しい。
以上
2018/12/93&2   赤小12月9日(日) S-East U9

【参加選手】
 3年こうたろう、そういちろう、りょうすけ、れい
 2年えにし、たいせい、たくみ、なおき、ひろたか、りひと、やまと

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】
 赤堤3-4城山(前半0-4、後半3-0 得点:たくみx2、なおきx1)
 赤堤4-5北沢(前半1-3、後半3-2 得点:たくみx3、れいx1)
星取表: http://blog.livedoor.jp/renshu_league/archives/cat_46708.html

【寸評】
・2試合とも相手にリードされる展開になりましたが、最後まであきらめずあと一歩まで追い上げたことは素晴らしかったです
・赤堤の選手は、向かってくるボールを止まって待ち受けることが多かったですが、自分からボールを迎えにいきましょう。ボールを待っていると、相手にボールを奪われてしまいます。
・赤堤の選手は向かってくる相手選手を怖がっていましたが、勇気をもって立ち向かいましょう
・センターバックにはいった、やまと、りょうすけ、なおきのプレーは素晴らしかったです。お互いにもっと声をかけあえば、さらに守備が強くなります。
・味方選手のバックパスはゴールキーパーは手でとってはダメです。覚えましょう。

(石川)
2018/12/94年   八幡山小学校12月9日(日) U10 城山

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、はるたろう、やすひさ、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-1 城山(前半0-0、後半0-1)
フレンドリー 赤堤 1-5 SWFC(前半0-2、後半1-3 得点:れお)

【寸評】
・前半守勢だったが、自陣から繋いで攻め込む場面もあった。後半に入ると相手の選手交代もあり俄然攻勢に出た。得点が奪えないまま、終盤、自陣での不用意なパスミスをシュートされ失点した。
・キーパーに入ったたろうが安定したプレーを見せた。攻撃でもこの日はパスを繋ぐことができていた。
(石井)
2018/12/96   松原高校北風リーグ @松原高校

■参加選手
6年 輝、翔仁、光太、悠生、温智、翔太郎 5年 シン、タクマ、ジュンペイ
■試合結果 赤堤 3-4 千歳台(15分ハーフ)

■試合概要
前半の入りは良く、攻め/守りともにほぼ互角に展開。前半T12:30 自陣エリア外センター付近から
ミドルシュートを打たれて失点。前半終了間際、右サイドをドリブルで抜かれ失点。0-2で折り返し。
後半に入り、早々に自陣エリア前でのミスにより2点を失点。後半T4:00 左サイド温智の縦パスを悠生がタクマに繋ぎ、タクマがシュートまで持ち込み得点。後半T13:00 翔仁のロングパスを起点にサイド翔太郎がセンタリング、悠生が詰めて得点。T14:00 タクマが相手エリア前でフリーになったところでループシュートして得点。

■コーチからのアドバイス
・今日アドバイスした相手3バックのときの前線でのボールの奪い方(動き)をみにつけてほしい
・今日の1点目のようにボールを奪った瞬間、サイドから3人目が動きだすことでチャンスが生まれる。この動きを続けよう。
・相手ゴール前ではもっと積極的にシュートを狙おう。

以上
2018/12/86   松原高校北風リーグ @松原高校

■参加選手
6年 輝、翔仁、光太、悠生、温智 5年 シン、タクマ、タイチ
■試合結果 赤堤 0-1 上北沢(15分ハーフ)

■試合概要
前半、パスを回しボールを支配するもフリーでのシュートチャンスが作れず得点できず0−0で折り返し。後半に入り、相手前線でのプレスが早くなり思うようにボールを運ぶことができず、一転して自陣でのプレーが多くなった。後半T3:30自陣ゴール前をドリブルで突破され失点。
その後、サイドからのセンタリングやトップを使ったポストプレーからチャンスを作ったが得点することができなかった。

■コーチからのアドバイス
・前半のいい流れの時に点を取れなかったこと、シュートが打てなかったことが敗因。
 ゴール前でフリーになるためにはどういう動きをすべきなのかを考えてプレーしてほしい。
・点はシュートを打たないと入らない。ゴール前では積極的にシュートを狙おう。
・パスはショート、ショート、ロングで組み立てよう。ショートの連続で取られてしまっている。
・相手コーナーの時のマークのミスマッチが起きないよう判断しよう。
・オーバーラップや、スペースへの切り込みなど、ボールをもっていない人の動きを増やしていこう。

以上
2018/12/24年   南台小学校12月2日(日) 中野招待

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 5人制12分1本

【試合結果】 優勝(参加5チーム)
赤堤 0-0 ゼスク
赤堤 5-1 ジェッツ
赤堤 4-0 MFC
赤堤 7-0 渋谷本町
得点者:ゆうご、れお、なおや、しゅうや

【寸評】
・しゅうや、しゅんたろうの動きが良かった。
・ボールを持てる分、1人で突破しようという強引な攻めが目立った。
(以上、なおや談)
2018/12/14年   砧公園12月1日(土) 練習試合 竹の子

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、なおや、やすひさ、ゆうご、りく、れお(以上4年)、たくみ(2年)

【試合形式】 8人制20分ハーフ(2試合目は15分ハーフ)

【試合結果】 
1試合目 赤堤 0-1 竹の子(前半0-1、後半0-0)
2試合目 赤堤 3-2 竹の子(前半0-2、後半3-0 得点:たくみ×3)

【寸評】
・相手にボールを持たれて自陣での戦いを強いられた。徐々にボールが動くようになり、2試合目後半はたくみが相手ハイラインの裏を取る動きとシュート技術で3得点を挙げた。
・守備が消極的でボールを奪えなかった。攻撃も速攻以外に効果的なものは少なかった。
(石井)
2018/11/254年   城山小学校11月25日(日) 城山オレンジカップ

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、やすひさ、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 5人制15分1本(グループリーグ)、13分ハーフ(順位決定戦)

【試合結果】
グループリーグ
赤堤 2-1 旭(得点:なおや、れお)
赤堤 1-4 烏山A(得点:なおや)
赤堤 0-2 城山A
順位決定戦(7、8位決定戦)
赤堤 10-0 若林(前半4-0 得点:れお、なおや×2、ゆうご、後半6-0 得点:おうすけ×2、れお×2、なおや、しゅうや)

【寸評】
・グループリーグは1勝2敗で4チーム中4位。ミスが失点に直結した。守備が消極的で攻守の切り替えも遅く、パスを受ける動きも乏しかった。
・順位決定戦ではボールを持たせてくれたため、練習の成果を発揮してよく相手を崩していた。参加8チーム中7位の成績だった。
・チームの優秀選手賞は、初戦の旭戦で好セーブを見せ、フィールドでも運動量が目立ったゆうごが獲得した。攻撃ではなおやがパスとドリブルの判断よく、チームを牽引していたと思う。
・ここ数試合を見て思うのは、イーブンのボールを自分のものにするという気概が感じられないこと。守りから攻撃への切り替えも遅くて、点を取りたい気持ちがあるのかと思うほど。気持ちのこもったプレーを見てみたい。
(石井)
2018/11/234年   多摩川緑地広場11月23日(土) U10 テキサス

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-7 テキサス(前半0-3、後半0-4)
フレンドリー 赤堤 1-0 テキサス(前半1-0 得点:なおや、後半0-0)

【寸評】
・湧き出すようにペナルティエリアに侵入してくる相手に簡単にフリーのシュートを許し、失点を重ねた。
・相手Bチームとのフレンドリーでは互角の勝負をしていた。
(石井)
2018/11/114年   赤堤小学校11月11日(日) U10 SWFC

【参加選手】 おうすけ、こうた、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、はるたろう、やすひさ、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-3 SWFC(前半0-2、後半0-1)
フレンドリー 赤堤 1-3 SWFC(前半0-2、後半1-1 得点:れお)

【寸評】
・ボールを保持される時間が長く、よく守備の対応はしていたと思うが、要所で鋭いパスを通され失点した。
・ボールを持っても相手の寄せに焦って、攻撃を展開することはできなかった。
(石井)
2018/11/116   緑丘中学校北風リーグ @緑丘中学校

■参加選手
6年 輝、翔仁、光太、悠生、 5年 シン、タクマ、ケンゴ、ジュンペイ、レン

■試合結果
  1試合目 赤堤 2-1 船橋(15分ハーフ)
  2試合目 赤堤 1-2 八幡山(15分ハーフ)

■試合概要
<1試合目>
前半早々、エリア外からミドルシュート。相手GKの頭を越えてゴール。相手の早いサイド攻撃で何度かピンチを迎えるが集中力切らさず守りきった。後半に入り、相手CBが上がってきたタイミングでボールを奪いカウンター。右サイドのジュンペイがセンターにクロスボール。パスを受けたタクマが落ち着いてシュートを打ち、ゴール。その後、自陣ゴール前のパスミスで失点してしまうが、相手の攻撃を防ぐことができた。
<2試合目>
前半T6:30 自陣ゴールエリア前でパスを繋がれて、フリーの相手選手にボールが渡りシュートを打たれて失点。何度もチャンスが来るがゴールできず。後半T2:00 ショウジンのミドルシュートが決まり同点に追いつくが、後半T4:30 センター付近でボールを奪われ、そのまま左サイドを突破、エリア内に切り込まれてシュートを打たれ失点。その後、チャンスが訪れるがモノにすることができず試合終了。

■コーチからのアドバイス
・先取点を取られた後、落ち込む悪いクセがでた。メンタルの弱さが露呈した試合。
しんどい状況でどのようにすれば変われるのかを自分達で考えて次回の試合に活かしてほしい。ピッチ上に立っている自分達で状況を変えれる選手になってほしい。
・攻めの時の声は出ていたが、守りの声が出ていない。ディフェンスは声を出して守るということを意識してプレーしてほしい。
・ディフェンスが足りているときは、しっかり声で足りていることを伝えて、前に残しておくこと。

以上
2018/11/41年   梅丘中学校11月4日(日) 世田谷EAST U7カップ

【参加選手】
ようすけ、ひとみ、こたろう、たくま、あきひろ、りょう、せきゆうと、そういちろう、これかず、りゅうせい、りゅう

【試合形式】 6人制10分1本(順位決定戦は12分1本)

【試合結果】
グループリーグ
赤堤 0-1 松沢
赤堤 3-2 城山A(得点:そういちろう×2、ようすけ)
赤堤 2-3 松原A(得点:ようすけ、たくま)
赤堤 7-0 竹の子(得点:ようすけ×2、あきひろ、りょう、たくま×2、こたろう)
3位決定戦
赤堤 3-0 北沢(得点:ようすけ×2、りゅうせい)

【寸評】
・グループリーグは2勝2敗。みんなよくボールを追っていて、負けた試合も互角以上の戦いをしていた。松沢を得失点差で上回り、松原Aに次いでグループリーグ2位となった。
・3位決定戦も気持ちの入った戦いで快勝。参加10チーム中3位の好成績を収めた。この試合で攻守に奮闘したようすけがMVPを獲得した。
・この日も沢山の得点者を出すことができた。そういちろうは抜け出してうまくシュートまでつなげることができた。りょうの積極性が目立った。前線でボールを奪っては度々ゴールに迫った。
(石井)
2018/11/36年   二子緑地ラストマッチカップ @二子緑地

■参加選手
6年 輝、翔仁、光太、悠生、翔太郎、温智 5年 シン、タクマ、ケンゴ

■試合結果  赤堤 0-4 千歳台(20分ハーフ)
  
■試合概要
前半、相手がコートを広く使ったパスを駆使し、ディフェンス間隔が広がったところを縦へのドリブルで突破され3失点。
後半は、CBがあがった攻撃やカウンターにより幾度となくチャンスを作ることができたが、相手GKの好セーブにより得点することができなかった。

■コーチからのアドバイス
・“ピッチ上で一番声を出すチームになる”というテーマに対して、今日の試合は全然実践できていなかった。
・黙ってディフェンスはできない。ピッチ上では常にしゃべりつづける。
・寄せのディフェンスだけで止めるのではなく、そのあとも話つづけ、うごき続ける。

以上
2018/10/284年   尾山台小学校10月28日(日) 練習試合 尾山台

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、たろう、なおや、はるたろう、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】
赤堤 1-5 尾山台A(前半0-3、後半1-2 得点:れお)
赤堤 3-4 尾山台B(前半2-3 得点:おうすけ←れお、れお←しゅうや、後半1-1 得点:れお)

【寸評】
・尾山台A戦。試合の入りが悪く、相手の上手い子に再三やられてしまった。
・尾山台B戦。最初から声は出ていた。攻撃ではドリブルやパスで相手ゴールに迫ることができた。守備では簡単にサイドの突破を許しそのままシュートを決められたり、裏を取られたりした。
(石井)
2018/10/281年   青鳥特別支援学校10月28日(日) 練習試合 テキサス、松沢

【参加選手】
ようすけ、かわべゆうと、ひとみ、こたろう、たくま、そう、あきひろ、りょう、だいき、せきゆうと

【試合形式】 8人制10分ハーフ

【試合結果】
赤堤 2-1 テキサス(前半1-1 得点:かわべゆうと、後半1-0 得点:かわべゆうと)
赤堤 1-1 松沢(前半1-1 得点:かわべゆうと、後半0-0)
(以降10分1本)
1本目 赤堤 0-1 テキサス
2本目 赤堤 1-2 松沢(得点:ようすけ)
3本目 赤堤 2-1 テキサス(得点:ようすけ、かわべゆうと)
4本目 赤堤 0-2 松沢
5本目 赤堤 2-0 テキサス(得点:たくま、ようすけ)

【寸評】
・8人制を4試合分の長丁場。さすがに立ってしまう場面も多かった。内容はほぼ互角。それぞれ相手に大きい子がいて振り切られる場面もあったが、臆せずよく挑んでいた。
・得点者以外では、こたろう、だいきが惜しいシュートを放った。そうが自陣からドリブルで相手ゴールに迫った。みなが集中を切らしがちになる中、だいき一人は休まず相手に寄せてはピンチを未然に防いだ。せきゆうとが積極的に相手に挑んでいた。
(石井)
10/2162  松原高校北風リーグ @松原高校

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔仁、光太、悠生、翔太郎、温智 4年 レオ、シュウヤ

■試合結果 1試合目 赤堤 3-1 チャンプ(15分ハーフ)
       2試合目 赤堤 6-1 祖師谷(15分ハーフ)
■試合概要
<1試合目>
前半T1:30 コーナーからのこぼれ球をコウタがシュート。キーパーはじいたところをハルキが詰めてゴール
前半T3:30 GKからのキックをヒカルがダイレクトで前に流して、相手陣内に転がったところをコウタが相手DFに走り勝ちシュートしてゴール
後半T10:30 ショウタロウが後方よりあがってき、ショウジンとワンツーパス。ハルキにパスがつながり、シュートしてゴール
後半T13:30 自陣ゴール前の混戦で相手選手に打たれて失点。

<2試合目>
前半T9:30 ショートコーナーからショウジンが直接ゴールを狙いシュート。見事ゴール。
前半T12:00相手左サイドがフリーになり、そこに相手ロングパスを出され、DFが追いつけずキーパーと1対1になりシュートを打たれ失点
後半T7:00 ハルトがゴールラインぎりぎりで粘り、マイナスのパス。コウタが受けてシュートしてゴール
後半T10:00 ショウタロウがドリブルで切り込み自らシュート。キーパー弾いたところをハルキが詰めてゴール。
後半13:00 レオがペナルティエリア外からシュート。キーバー弾いたところをショウタロウがつめてゴール
後半T14:00 ボールが来ると信じて走っていたハルトにパスが通り、そのままドリブルからシュートしてゴール

■コーチからのアドバイス
・コーチが指示を出さない分、ピッチ上でもっと選手同士で話をしてほしい。
昨日に比べると声が出ていなかったように思う。赤堤が一番声を出すチームといわれるよう次回がんばってほしい。
・流れが悪くなった時にどのように空気を変えるのかを、自分達で考えて実践してほしい。

以上
2018/10/204年   旧玉川高校10月20日(土) U10 やはた

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、たろう、なおや、やすひさ、ゆう、ゆうご、りく、れお

【試合形式】 8人制20分ハーフ(フレンドリーは15分1本)

【試合結果】 赤堤 0-4 やはた(前半0-3、後半0-1)
フレンドリー1本目 赤堤 0-1 やはた
フレンドリー2本目 赤堤 0-0 やはた

【寸評】
・ゴールキックからの展開に苦労して自陣での戦いを強いられた。ボールサイドに寄ってゴール前をぽっかり空けたり、押し上げた時に相手FWを見てなかったり、失点場面のセンターバックの動きは修正が必要。
・後半はりくが高い位置で何度かインターセプトしたり、いい動きが目立った。徐々にゴールに迫れるようになったが、反撃には至らなかった。
(石井)
2018.10.206年1勝2-0烏山世田谷総合高校北風リーグ @世田谷総合高校(初戦)
(参加チーム:千歳台、船橋、上北沢、チャンプ、烏山、八幡山、祖師ヶ谷、赤堤) 


■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔仁、光太、悠生、温智、翔太郎 5年 じゅんぺい、しん

■試合結果  赤堤 2-0 烏山 (15分ハーフ)
  (前半 2-0、後半 0-0)

■試合概要
試合の入りも、皆声も出ておりピッチ内での会話が出来ていた。
前半トップの光太がパスをもらい、スピードに乗ったドリブルでゴール前へ、そのままシュートし先取点を奪う
前半ゴール前、相手チームをパスワークで崩し、スペースが出来たところから翔仁がミドルシュートを放ちゴール!(2点目)
後半は、サイド、裏を使った攻撃、ゴール前のマイナスのパスと攻め込んだが、得点にまでは至らなかった。
久しぶりの烏山戦、ドリブル、トラップの基礎がしっかりしており、得意の足技も随所に表れていた。

■コーチからのアドバイス
・練習した、相手ディフェンスを崩すパス回し、スペースを使っての攻撃パターンを実戦でみられるシーンがいくつかあった。
 今後も攻撃パターンとして積極的にチャレンジしていって欲しい。
・後半相手の下がり気味のディフェンスに対して、プレーが遅行するシーンがあった。ディフェンスを崩し、パスコースを作るため
 縦の動きだけでなく、横ドリブル、中で動く、斜めの動きで突破口を作る。
・ボールを奪われた時の声掛け、カバーリングの連携をすれば更に選手間の連動が良くなるのでトライしよう。

以上
2018/10/203&2  松沢SC 10月20日(土) S-East U9 第2戦目
【参加選手】
3年生:あいな、けいご、こうたろう、そういちろう、はるま、りょうすけ、れい
2年生:たいせい、たくみ、なおき、はると、ひろたか、やまと

【試合形式】
8人制15分ハーフ

【試合結果】
赤堤 0 - 5 松沢 (前半0-3、後半0-2)
星取表: http://blog.livedoor.jp/renshu_league/archives/cat_46708.html

フレンドリー
赤堤 0 - 8 松沢

【寸評】
・松沢の選手がせっきょくてきにしかけたり、ボールに飛び込んでいくのに対して、赤堤の選手はボールを待っていたり、ボーッと立っている場面が多かった。
・失敗してもいいので、もっと積極的にボールに向かったり、ボールを持っている味方の選手からボールを受けるために大きな声で呼んでみよう。

(石川)
2018/10/144年   用賀小学校10月14日(日) 秋季学年別大会 1回戦

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、なおや、やすひさ、ゆう、ゆうご、れお、はるたろう、りく

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】
赤堤 0-2 用賀B(前半0-0、後半0-2)

【寸評】
・ペースを握りシュートもたくさん放ったが相手キーパーの攻守もあり得点できず。後半2失点すると焦りからか効果的な攻撃も影を潜め敗戦となった。
・試合内容は相手に劣っていなかったが、残念な結果となった。
(石井)
2018/10/71年   駒沢公園陸上競技場10月7日(日) 駒沢フェスティバル

【参加選手】
ようすけ、ゆうと、これかず、ひとみ、こたろう、りゅうせい、たくま、まさのぶ(以上チームA)
そう、あきひろ、りょう、りゅう、そういちろう、だいき、えいさく(以上チームB)

【試合形式】 5人制10分

【試合結果】
赤堤A 2-0 佃B(得点:ようすけ、りゅうせい)
赤堤B 2-0 フェニックス(得点:あきひろ、りょう)
赤堤A 6-0 堀之内(得点:たくま、ひとみ、ゆうと×2、ようすけ、りゅうせい)
赤堤B 1-1 明和(得点:そういちろう)

【寸評】
・芝は最高のコンディション。思いっきりスライディングタックルを仕掛けたり、キーパーが常に高い位置を保って攻撃参加したり、存分にサッカーを楽しんでいた。
・りょうが初ゴール。A、B合わせて8名もの得点者が生まれた。試合後スタンドのお母さん方に手を振る姿が誇らしげだった。
(石井)
2018/10/64年   赤堤小学校10月6日(土) U10 キタミ

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、たろう、なおや、ゆうご、りく、れお(以上4年)、たくみ(2年)

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 1-6 キタミ(前半0-1、後半1-5 得点:しゅうや)
フレンドリー(15分ハーフ) 赤堤 4-1 キタミ(前半3-0 得点:れお、たくみ×2、後半1-1 得点:れお)
フレンドリー(10分1本) 赤堤 0-3 キタミ

【寸評】
・前半はやや押し込まれる展開。ゴールキックを狙われてビルドアップに苦労していた。終盤ゴールキックを中央で奪われそのまま失点した。後半も早々にサイドを突破され失点。最終ラインが相手を止められずその後も失点を重ねた。
・攻撃ではうまくパスを繋いでゴールに迫る場面もあった。得点は自陣からテンポよくパスを繋いで中央を完全に崩した素晴らしいものだった。
(石井)
2018/9/296  SWFC駒沢補助GU12 @駒沢補助G(後期8戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔仁、光太、悠生、翔太郎 5年 れん、しゅう、たくま

■試合結果  赤堤 1-4 SWFC

■試合概要
前半、両チーム攻めあぐねて0−0で折り返し。
後半、GK洸太朗が体調不良により控えにまわり、代わりに翔太郎がGKに。
後半1分、翔仁のロングキックを抜けると信じて走っていたTOP光太にうまく渡りゴール!久々の先取点を奪う。
後半3分、4分 ディフェンスを崩され連続失点。相手の右サイドからの攻撃に対応できなかった。
 その後、翔仁のミドルシュートなどいい攻撃もあったが得点することができなかった。

■コーチからのアドバイス
・今日の得点のように、ボールが出てから動くのではなく、動きだしてもらう。出るのを信じて
スペースに走るという意識を持とう。
・ディフェンスの裏を狙うのもいいが、みんなが裏を狙っていては中盤が空いてしまいボールがまわらない。中盤で回して、ディフェンスが前に出てきたところを狙う。

以上
2018/9/241年   船橋小学校9月24日(月) 秋季あすなろ大会 1回戦

【参加選手】 ひとみ、りゅうせい、そう、りゅう、えいさく、ゆうと(せき)、そうすけ、まさのぶ、そういちろう、これかず

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-2 松丘(前半0-2、後半0-0)

【寸評】
・この日は前日と打って変わってみんなのがんばりが素晴らしかった。序盤2点を先制されたが、その後は最後まで諦めない粘り強い守備を見せてくれた。失点以外にフリーのシュートは打たれていないと思う。キーパーのえいさくとりゅうせいもよくがんばった。相手に1人ドリブルの上手な子がいて自陣での戦いが多かったが、攻め込む場面も沢山あってそういちろうなど何本かシュートも打つことが出来た。
・まさのぶは何度かドリブルで長い距離を攻め上がって快速ぶりを見せてくれた。後半交代でベンチに下がった時は大汗を流していて、走り切ったことが伝わってきた。ひとみは高い位置からしつこいプレスでボールを奪っては度々チャンスに繋げた。そうは前線までボールを運んだり、ゴール前でシュートを防いだり、ボールがあるところにそうがいるという感じのがんばりだった。
・負けても充実感があったのか、次の試合が待ち遠しい様子だった。この試合でみんながサッカーが好きなことがよく伝わった。試合の準備をテキパキするところや挨拶をしっかり出来るところは訓練された強いチームと変わらない。これからもみんなで楽しく励んでもっとサッカーを好きになって欲しいと思う。
(石井)
2018/9/234年   砧公園9月23日(日) U10 竹の子

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお、しゅんたろう、はるたろう

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 2-2 竹の子(前半0-2、後半2-0 得点:しゅうや←れお、おうすけ←しゅうや)
フレンドリー 赤堤 0-5 竹の子(前半0-3、後半0-2)
フレンドリー(15分1本) 赤堤 1-4 竹の子(得点:おうすけ←れお)

【寸評】
・序盤から相手を掴まえきれず防戦一方。キーパーに入ったたろうの好セーブで前半2失点で凌いだ。後半はボールを前に進めることが出来るようになり同点に追い付いた。得点は何れも相手を完全に崩してフリーでシュートしたもの。得点に絡んだ3人はいい動きをしていた。
・フレンドリーを通して守備では反省が多いが、ボールを持った時の展開は意図が感じられた。自陣でプレッシャーを受けても安易なプレーを選択する選手はおらず、丁寧に繋いで前に展開しようとしていた。
(石井)
2018/9/231年   用賀小学校9月23日(日) 秋季学年別大会 1回戦

【参加選手】 ひとみ、りゅうせい、そう、りゅう、えいさく、ゆうと(せき)、そうすけ、まさのぶ、たつき、そういちろう

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-13 深沢(前半0-6、後半0-7)

【寸評】
・2年生大会に参加した1年生を欠く中で迎えた記念すべき1年生公式戦初戦。初めて見る8人制のフィールドの大きさにびっくりしていた。試合ではボールを持った相手に中々寄せて行けず一方的になってしまった。
・それでも後半は最後まで相手を追いかけてシュートを防いだり、積極的にボールを追うシーンが見られた。キーパーに手を上げてくれたゆうととそういちろうには拍手。何度もいいセーブを見せてくれた。
(石井)
2018/9/226   二子緑地U12 @二子緑地グランド(後期6,7戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔仁、光太、悠生、翔太郎 5年 けんご、れん、しん

■試合結果  赤堤 0-4 尾山台
   赤堤 0-1 砧南 

■試合概要
<1試合目>
前半12分、センターサークル手前で相手にボールが渡り、寄せが遅れたことでミドルシュートを
打たれ、ゴール左上に決まり失点
その直後も攻め込まれるが全員で守りきり、失点1で折り返し。
後半2分、相手ポストプレーで、ディフェンス2名が寄せるが間を抜かれ、GKと1対1となり失点。
後半3分、自陣ペナルティエリアの浮き球を相手と競ったが抜かれて、そのままドリブルで持ち込まれ失点
後半10分、ゴール前の混戦の中、押し込まれて失点。
 CBからの攻撃参加でのチャンスメイクなどいいプレーもあったが、全体的に中盤や前線で奪ったボールを繋げることができず、攻撃ができなかった。

<2試合目>
前半7分、自陣ペナルティエリア内でハンドを取られPK。GKも反応するが届かず失点。
 後半に入り、サイドからの攻撃やコーナーキックからのセットプレーなど何度かチャンスがあったが、得点することができなかった。

■コーチからのアドバイス
・最後のシュートまでつながらないのは、動きながらのトラップやパスなど、基礎スキルが足りないことが根本的な原因。練習の意識を変えて、練習の時からもっと激しくプレーしてスキルアップしていこう。
・ボールを持っていないときの動き。これが出来ていないため、味方がボールをもってもパスコースも作れないし、ドリブルのスペースも作れない。どうしようもなく、とりあえず前に蹴るという状況になっている。ボールを持っていないときに周りがもっと動かないと、ボールを運べない。ボールを持っていないときの運動量をもっと増やしていこう。

以上
2018/9/172年   千歳台小学校9月17日(月) 秋季学年別大会 1回戦、2回戦

【参加選手】 たくみ、やまと、はると、たいせい、えにし(以上2年)、ようすけ、あきひろ、ゆうと、たくま、だいき、りょう(以上1年)

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】 
1回戦 赤堤 4-0 テキサス(前半3-0 得点:たくみ×3、後半1-0 得点:たくみ)
2回戦 赤堤 0-13 バディA(前半0-6、後半0-7)

【寸評】
・1回戦、積極性と寄せの速さで相手に勝りほぼ相手陣内で試合を進めた。得点は全てたくみの個人技によるものだが、前半はたくみの攻め上がりに合わせてようすけ、ゆうとが度々ゴール前に侵入し、ようすけがたくみのセンタリングに合わせる場面もあった。後半はたいせい、だいきがドリブルでゴール前に持ち込み、もう少しでゴールというところまで迫った。皆が前掛かりになる中、やまとが後方でバランスを保ちピンチの芽を摘んだ。
・2回戦の相手はバディ。スピード、技術で圧倒されたが、その中でも2年生はみな果敢に相手に挑んでいた。たくみはボールを奪っては仕掛けて1人2人と相手をかわすが、自陣からなのでゴールは遠かった。ゆうとは劣勢の中でも積極性を失わず、攻撃に転じた時の動き出しが素晴らしかった。常にたくみのゴールキック、スローインのターゲットになっていて、唯一可能性を感じさせてくれた。キーパーに入ったあきひろは1対1になった時の飛び出しやキャッチした後の素早いフィードなど、非凡なプレーを見せた。至近距離からの強烈なシュートを右脚を伸ばしてスーパーセーブ、涼しい顔をしていた。相手は後半も攻撃の手を緩めず、ただ走らされている感じになったが、それでも下を向くことなく最後までよく走り切ったのではないかと思う。
・個性豊かな2年生と1年生の面々。これから試合を重ねてチームになった時が楽しみと思わせるがんばりだったと思う。
(石井)
2018/9/163  京西祖師谷小3年・秋期学年別 対京西

【試合結果】 赤堤 1-5 京西

【寸評】
前半は1-2と良い試合をしていたが後半立ち上がりの失点で相手を流れに乗せてしまい最終的には1-5で試合終了。
技術面で大きな差はなく、立ち上がりの入り方や1試合通しての集中力などの試合経験の差が結果として表れたように感じた。

以上
2018/9/176  二子玉川二子緑地U12 @二子緑地グランド(後期5戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔仁、光太、悠生、温智、翔太郎 5年 たくま、じゅんぺい

■試合結果  赤堤 0-2 二子玉川 

■試合概要
前半2分、GKから左サイドに抜けたボールを、温智が追いつきセンタリング。逆サイドに走りこむが合わせることができず。
前半7分、自陣右サイドに持ち込まれたが、しっかりと寄せていき防いだと思った矢先、エリア外を横ドリブルされ、ディフェンスが寄ったときにゴール正面にボールを落とされ、走りこんできた相手にミドルシュートを打たれ失点。
後半3分、センター付近でCB翔太郎がボールをインターセプト、そのままドリブルでペナルティエリア手前まで進み、ミドルシュート。惜しくもポストにあたり得点ならず。
後半15分、左サイドに運ばれ残り時間がないということでゴール前でボールを奪いに行くも、かわされそのままエリア内に侵入される。もう一人ディフェンスが抜かれ、キーパーが前に詰めた瞬間にマイナスパスされ失点。そのまま試合終了。

■コーチからのアドバイス
・中盤でのプレスをかけ続けること。
・ボールが出てから動くのではなく、受け手が要求して動きながらもらう。
・シュートは打たないと入らない。もっとシュートを打とう。エリア付近では常にシュートを狙う意識で、ボールをどこにおけばいいのかを考えよう。
・セカンドボールへの寄せが遅い。もしくは、ボールウォッチャーになって寄せれていない。
 セカンドボールをモノにできないと厳しい。セカンドボールへの寄せを早くしよう。

以上
2018/9/166  北沢二子緑地U12 @二子緑地グランド(後期4戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔仁、光太、悠生、温智 5年 たくま、じゅんぺい、しん

■試合結果  赤堤 0-1 北沢 

■試合概要
前半3分、左サイドからセンタリングをあげられ、相手選手が合わせたがキーパー洸太朗が横っ飛びで手に
あてセーブ。ただ、セーブしたボールがポストにあたり再び相手選手の足元に行ってしまい、押し込まれて失点
前半6分 センター付近で翔仁がボールを奪ったあと、逆サイドを上がってきた温智にパス。シュートするも惜しくも枠に行かず。
後半3分 自陣近くで得た直接フリーキックからのロングキックをTOPのハルキが横に長し、上がってきた温智に通るがシュートまでいけず。
後半5分 中盤の攻防から出たボールにTOPハルキが反応し、エリア外からシュート。ヒットしたが惜しくもゴールポストに当たり得点ならず。
後半10分 CB光太を右サイドにチェンジ。何度かチャンスがあったが、相手ボランチに最後のところで阻まれゴールネットを揺らすことができなかった。

■コーチからのアドバイス
・合宿から言っている、次の次で受ける意識をもってプレーしよう。
・逆サイドへの呼ぶ声でパスが通り、チャンスが生まれた。続けていこう。
・シュートを打たないと点は取れない。もっとシュートを打とう。
 そのためには、ファーストタッチで自分のシュートを打てるところにボールをもっていくなど
 すべてのプレーをシュートを打つためにどうするのかを考える。
・セカンドボールが拾えていない。それが勝敗の分かれ目だったと思う。
 ヘディングやトラップした後のボールへの1歩が遅い。ある程度の予測をして、反応を早くする。しっかり体をいれて相手と競る。

以上
2018/9/92年   北沢中学校9月9日(日) S-East U8 北沢

【参加選手】 たくみ、やまと、はると、たいせい(以上2年)、こたろう、ようすけ、ゆうと、たくま、だいき、あきひろ、りょう(以上1年)

【試合形式】 7人制15分ハーフ

【試合結果】 赤堤 3-1 北沢(前半0-1、後半3-0 得点:たくみ×3)
フレンドリー 赤堤 5-0 北沢(前半1-0 得点:たくみ、後半4-0 得点:たくみ×4)
フレンドリー15分1本 赤堤 0-3 北沢

【寸評】
・前半素早い寄せで優勢に試合を進めたがゴールに押し込むまでは至らなかった。終了間際、前掛かりのところ、ロングボールに虚をつかれた形で先制を許した。後半はたくみがキーパーからフィールドにポジションを変え3得点、逆転勝利した。
・相手の当たりは強かったが、1年生も怯まず挑んで、ゴールに迫っていた。U8初戦の頃から比べると成長を感じる。たくまはボールを持つと積極的にフェイントで仕掛けていた。
・フレンドリーではキーパーやまとが安定したキャッチングや正確で素早いフィードを披露してくれた。
(石井)
2018/9/14年   烏山小学校9月1日(土) U10 対祖師谷、烏山

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお(以上4年)、たくみ(2年)

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】
赤堤 5-1 祖師谷(前半3-1 得点:なおや、れお、たくみ、後半2-0 得点:れお×2)
赤堤 2-1 烏山(前半0-1、後半2-0 得点:たくみ×2)

【寸評】
・U10後期開幕戦の相手は祖師谷。試合の入りが良く、声もよく出ていた。開始早々のなおやの得点で流れがよくなった。たくみの突破で度々チャンスを作った。ゆうが惜しいシュートを放った。
・烏山戦も一人一人がよく闘えていた。やや押し気味だったが前半終了間際に失点。しかし後半も意欲は衰えず、終了間際、抜け出したゆうごからのラストパスを受けたたくみがゴールに流し込み決勝点をあげた。
・れおが怪我から復帰、たくみがチームにフィットしてきたこともあり、U10前期後半の戦いからは別人のような出来。強い相手にもこれが続けられるか、次戦に真価が問われる。
(石井)
2018/9/16年  用賀二子緑地U12 @二子緑地グランド(後期3戦目)

■参加選手
6年 輝、洸太朗、翔太郎、翔仁、光太、温智 5年 たくま、じゅんぺい、けんご

■試合結果  赤堤 0-3 用賀 

■試合概要
前半、終始自陣でのプレーであったが集中を切らせることなく守りきり0-0で折り返し。
後半2分 ゴール近くからの相手スローイン、左サイドを攻められ、あげられたセンタリングが味方足にあたりオウンゴール。
後半4分 パスミスで相手に渡ったボールをミドルシュート。GK前でイレギュラーして失点。
TOP翔太郎とCB光太をチェンジしたあと、光太に落としたボールをCBからあがってきた翔太郎との連携で惜しいチャンスが数度あったがゴールすることができなかった。

■コーチからのアドバイス
・TOPに落として、後ろに戻ってきたときの対応の準備ができていないため慌てて蹴ってしまい、相手にボールが渡ってしまっている。逆サイドにふるとか、次の次を考えておくこと。
・味方にボールが渡ってから、周りの動き出しが遅い。オーバーラップなど、連続した動きをしていく。
・ボールを失った後のプレーを早くする。早く相手に体を寄せディフェンスする。
・キョロキョロ周りをみて、情報をたくさん入れて、次のプレー、次の次のプレーの選択を増やす。

以上
2018/8/41年   塚戸小学校8月4日(土) 練習試合 塚戸

【参加選手】 こたろう、ようすけ、りょう、りゅう、たくま、りゅうせい、だいき、せきゆうと、そう、ゆうと

【試合形式】 8人制15分ハーフ

【試合結果】
1試合目 赤堤 7-0 塚戸(前半4-0 得点:こたろう、たくま×2、りゅうせい、後半3-0 得点:たくま、ゆうと、りゅうせい)
2試合目 赤堤 8-0 塚戸(前半4-0 得点:ようすけ×4、後半4-0 得点:オウンゴール、こたろう、ようすけ、ゆうと)

【寸評】
・1試合目前半は完全に団子で1年生らしいサッカーをしていたが、ゆうとが後半フィールドに入ると徐々にボールが動くようになった。2試合目になると、抜け出した味方のサポートに2人が並走したり、サイドからのパスに合わせてシュートを放ったり、味方と協力した攻めで得点以上に沢山のチャンスを作るようになった。
・5人の得点者はみな、相手との競り合いに勝つと、力強いドリブルでシュートまで繋げていた。得点はならなかったが、だいきが度々惜しいシュートを放った。りゅうが突破して長い距離をゴールまで迫った。
・ピンチは多くはなかったが、抜け出された場面でもよく追い付いていた。2試合目後半はシュートを許したが、キーパーたくまが上手く対応した。ゴールキックも上手く相手の居ないところに蹴れていた。
(石井)
2018/8/44年   赤堤小学校8月4日(土) U10 テキサス

【試合形式】 8人制20分ハーフ

【試合結果】 赤堤 0-6 テキサス
フレンドリー 赤堤 2-3 テキサス(得点:れお、たくみ)

【寸評】
・開幕4連勝の後5連敗でU10前期の日程を終了した。
・いい時は安定した守備から速攻でゴールに迫れていたが、後半はボールが奪えず奪っても動きが乏しく攻撃の形は作れなかった。決して弱い相手に勝って強い相手に負けたというのではないのがもどかしい。後期は積極的な動きを期待したい。
(石井)
2018/7/294年   赤堤小学校7月29日(日) U10 城山

【参加選手】 おうすけ、しゅうや、しゅんたろう、たろう、なおや、ゆう、ゆうご、りく、れお、はるたろう、けいご(3年生)、たくみ(2年生)

【試合形式】 8人制20分ハーフ(フレンドリーは15分1本)

【試合結果】 赤堤 1-4 城山(前半0-2、後半1-2 得点:たくみ)
フレンドリー 赤堤 1-3 城山(得点:たくみ)

【寸評】
・相手のプレッシャーはそれ程でもないと思ったが、なかなかボールを前に運べなかった。
・そんな中、たくみが一人気を吐いた。ゴールに向かう姿勢に、周りは何か感じ取ってくれただろうか。
(石井)
[ Home ]
( 1-50 / 全183件 )
[ HeRO DataBase Ver 1.30 ][ Thanks. KENT ]